2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.02.11 (Mon)

小型犬の膝蓋骨脱臼

正月早々Manaが足を痛がった後ケンケンをしたので、念の為獣医に診てもらったのですが、膝蓋骨脱臼の診断で手術を勧められるという予想外の展開に夫婦で落ち込んでしまいました。ネットで調べてみると、症状の程度が4段階に分類されていて、初期の段階では手術は必要ないと書かれています。避妊手術で怖い思いをしたせいか、あれ以来Manaが人を怖がるようになったので、できれば手術は避けたいという思いから、小型犬には良くある症状なので心配無いという意見もあり、しばらく様子を見ていました。

サプリを与えたり、ジャンプさせないように気を付けるのですが、興奮状態になると脱臼してしまいます。日増しに不安になり、先日セカンドオピニオンを聞くために別の獣医に診てもらいました。

診断は以下の通りです。
1. 現時点では、軽度の症状である。
2. 骨自体は綺麗に整列している。
3. 歩行状態を見ても問題は無い。
4. 従って、現時点では手術の必要は無い。

完治させるには手術しか手段は無いが、常時脱臼するような段階になったらその時に手術をするようにとの事でした。手術が必要だという診断だったら、その場で予約を入れるつもりで受診させたのですが、手術をしなくても良いという理由が聞けて取り敢えず一安心しました。ちなみに、セカンドオピニオンの場合、受診料がディスカウントされるとの事で$35で済みました。

IMG_3378.jpg

本日は、Manaの“うちの子記念日”。早いもので一年が経ちました。

11:31  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (3)

Comment

一周年おめでとうございます。

医者によって診断結果が変わることは、動物の場合のほうが多く聞きますね。
セカンドオピニオンは必要ですね。
チョッコー |  2019.02.11(月) 12:19 | URL |  【編集】

チョッコーさん
ありがとうございます!
セカンドオピニオンって初めてだったんですが、掛かり付けの獣医のカルテがちゃんとFaxされててびっくりしました。
lce2 |  2019.02.12(火) 13:19 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2019.02.13(水) 13:20 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/1131-5afe437b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |