2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.04.29 (Fri)

アメリカにはバックル付きクーラーボックスは無い?

こちらにあるクーラーボックスは、プラスチックの弾力で閉まっているだけの物が殆どで、傾ければもちろんの事、車の揺れでも隙間から中の水がこぼれます・・・。巨大なサイズ以外、バックル&パッキン付きが見付からないので、日本で買って来ようと思っていました。ところが、RAMの魚探マウントを物色しているとこんな物を発見し大興奮!20%OFFのクーポンもあるし即バイト!!!

でも、アメリカの奴だから全然お洒落じゃないしぃ・・・。
IMGP5949.jpg

まっ、いいか。やっと見付けたんだしぃ。
おやーっ?

日本語かよ!(結局、日本の奴じゃん・・・。)
Belt.jpg

まっ、いいか。やっと見付けたんだしぃ。


さて、取り付け方法ですが、密封性に拘る以上、無駄な穴は空けたくありません!
チョッコーさんのリベット良いなぁ・・・。)
で、単純にカラナビをベルト用の穴に取り付け、バンジーで固定!
IMGP5952.jpg

今までホイールはフロントハッチに入れていましたが、この際ついでにバンジー!
IMGP5951.jpg
現場でゴチャゴチャ作業するのが嫌なんで何でもかんでも万事が棒棒鶏!


おおおーっ、蒸気船みたいじゃないかぁ~@@


11:03  |  kayak  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2011.04.27 (Wed)

どこに付ける?ハンドヘルドのGPS・・・

魚探を2つというのは、余りにコテコテ過ぎるし、ハッキリ言って、現場での取り付けが超面倒臭い。という事で、やっぱり、Colorado400cを投入することにする。しかし、愛艇Revoには、この手のGPSをマウントする場所があまり無い。股間のスペースにはハッチがあるし、ここに強引に付けたとしても顔が下を向き、安全面、そして釣りをする時の観察力にも大きなマイナスになるのでボツ!左右のガンネル部分は釣りの邪魔になるのでやっぱりボツ・・・。という事で、フロントハッチの手前に付けた板に付けるしかない。

Garmin純正のマウントを買ったが、GPS本体の抜き差しが硬くて大変!?
IMGP5985.jpg
という事は、取り付け位置が遠いので、釣り中にマウントから外すのは至難の業。恐らく、頭に来てマウントを引きちぎる羽目になるので、何か良い手を考えねば・・・。

簡単に外せて、簡単に戻せる。でも、落下しない。そんなマウントを考えていて、マグネットを使う事を思い付いた。ネオジム磁石なら行けるかもと思ったが、磁力をどう調整するかが面倒臭そう・・・。しかも、錆びも気になるし、接着の仕方も考えなきゃ。

という事で、安易な方法に変更。プラケースの仕切り板を切って純正マウントの底に不細工に重ねてガイドにする。
IMGP5955.jpg

これを例の配管の部品の凹部分に滑り込ませる。
IMGP5954.jpg

ホイ、こんな感じ♪
IMGP5957.jpg
隙間を追い込んでるんで、殆どぐらつかない。

RAMの魚探マウントを増設し、金色の板が2点支持になったので、安定感バッチシ。
RAMRAM.jpg


後は、GPSの使い方を思い出すだけさ。(忘れてしまったのさぁ・・・。)

10:43  |  kayak  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2011.04.25 (Mon)

イースター(また、タマゴねたか!)

イースターです。
IMGP5960.jpg

昨夜から次女の友達がスリープオーバーしています。

こんな可愛らしいクッキーの詰め合わせを頂きました。
IMGP5963.jpg

さーて、エッグハントの準備準備。
IMGP5976.jpg
ふふふ、タマゴがどこかにあるか分かるかな?

まだまだ子供なんだなぁ。
Egghunt.jpg
見つけたタマゴを自慢し合っています。

05:22  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2011.04.23 (Sat)

ぼちぼち始めますかね。

自粛していたと言うか、元気が出なかったと言うか・・・。
やっと、釣りに行きたいという気持ちになれたので、Fishing Licenseを買いました。

今年から、システムもデザインも変更されました。
IMGP5912.jpg
売る側の手続きは以前より遥かに簡単になったと思いますが、買う側が待たされる時間は変わりません。しかも、サイズが変・・・。(去年のLicenseは、これ

で、こんな配管の部品を買って来ました。
IMGP5914.jpg
ハンドヘルドのGPSが納まる予定です。

10:50  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2011.04.21 (Thu)

スペルチェックの罠

以前紹介したシャレにならないスペルミス

ちょっと気になって調べたら、この被害に遭った人が結構いるんですねぇ。原因は スペルチェック機能の“悪戯”のようです。一昔前、“Cooperation”とタイプするとあのアップルがある“Cupertino”という町の名前に修正されてしまった事から、“Cupertino effect”と呼ばれるバグのような物なんだとか・・・。

試しに、Inconvinenceとタイプすると、Incontinenceが一番上に表示されます。

このままChange!とすると、悲劇が起こるわけです・・・。

Cupertino.jpg

あぶない、あぶない。


10:42  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2011.04.19 (Tue)

滞空時間の罠

レオナルド・ダビンチのパラシュートを作ってみようプロジェクトのおさらいです。

1.材料は、ダビンチが生きた時代の物を使い、既成品のキットは使ってはならない。
2.Cheat(イカサマ)厳禁
3.タマゴを割らずにゴールまで持って来れば、合格!
4.更に、そのタマゴを着地後9秒以内にゴールに持ち込めば、“A+”!

しばしば登場する同僚のダイバーBob。実は、娘達のMiddle Schoolの卒業生なんですが、もう直ぐ50歳になる彼も在学中にやったそうです。

さて、このプロジェクト、なかなか厳しい物がありまして、半数以上のタマゴは割れてしまうんだそうです。家族で楽しみましょうという趣旨なのですが、Parents Conferenceの雰囲気から察して、熱心じゃない家庭が多いんじゃないかと思われます。無事に生還したタマゴは、ゴールで割られ廃棄されるのですが、ゆでタマゴを使っていた生徒が一名いて、オフィスに連行されました。当の本人は全然知らなかったようです。(こういう親はいけません!)

ある男の子の作品は、箱無し。その代わり、タマゴに綿が幾重にも貼り付けられていたそうです。不憫な事に、これを完全にむしり取るのに1分以上掛かり残念ながら時間オーバー。でも、タマゴは割れてなかったとか。

で、次女はと言うと・・・
パラシュートの出来は最高で、ゆっくりと降下するのを見て感激したそうです。
(エッヘン! そうだろ、そうだろ♪)

次女: A+だったんだけど、タイムリミットぎりぎりだったんだよ。
lce2: あー、足遅いからね。
次女: 違うよ、落ちるのが遅過ぎて、皆のより遠くに飛んじゃったんだよ!

parachute.jpg


そ、想定外でした・・・。


10:10  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2011.04.17 (Sun)

続・Satsuma Fry

この曲、ベースラインが秀逸なんですよね。なかなか捻りのあるコード進行がとても気に入ってます。

そうだ、若者よ、共に頑張ろう!





と、ところで、先日紹介したSatsuma Fryですが・・・。

lce2:「そのまま揚げるの?って質問が寄せられてるんだけど?」

カミサン:「そう、売ってる奴をね。」

lce2: 「・・・」



世界はそれを“俺愛だ”と呼ぶんだぜぃ!!!


04:15  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2011.04.15 (Fri)

レオナルド・ダビンチはテープは使わない。

ふふふ、完璧だ。日曜の夜、そう呟いて寝た私。

と、ところが、本番前日になって、先生が「テープは駄目だよ~」と突然発言!?
もちろん、「おねえちゃんの時は、OKだったじゃ~ん」なんて事を言っても通じない。(同じ先生なんですけどぉ・・・)

うーん、ギリギリになってからの突然の仕様変更。(まるで、会社の仕事のようだ。)

当時もあったという理由で接着剤はOK(グルーガンはないと思うけどいいのさ)なのは助かったが、ご丁寧にガムテープを貼りまくっていたので、箱は新規作成。どうせなら、直立させたタマゴの周りに均一にクッションが入るように形状を縦長に変更した。タコ糸の結び目をカットして再利用すると短くなってバランスが悪い(空気を捕まえ難そうだし、左右の振れが大きくなり安定しないような気がする)ので、結局、傘以外全交換になってしまった・・・。

さて、問題はフタである。簡単に開けられるが、落下中や着地時には絶対に開いてはいけないという相反する条件をクリアしなければならない。

そこで、採用したのが、フタ留めのベロを紐で引っ張る方法。

自動跳ね上げ式なのだ!我ながら秀逸だ!!!


割れるんじゃねぇーぞ!
IMGP5880.jpg


結果発表は次回。(←まだ、引っ張るのかぁ?)


12:55  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2011.04.13 (Wed)

レオナルド・ダビンチに学べ!

次女は、長女と同じミドルスクールに通っている。この学校、7年生の時に悪評高いプロジェクトがある。

お題は、体育館の屋根からタマゴをパラシュートで落として、割れてしまったら“F”という理不尽な物。

実はこれ、理科ではなく社会科の宿題。レオナルド・ダビンチについて学習した折に、彼が発明したパラシュートを作ってみましょうという趣旨なのだ。4年前、長女は無事にクリア。そして、その時のパラシュートは、次女の時の為に大切に保管されていた。

ところが、

「今年からタマゴのプロジェクト無くなったみたいだよ♪」

と、次女。(な~んだ、ちょっと残念・・・)


そして、数週間後、

次女:「やっぱ、ウチのクラスはやるんだって。」
lce2: 「(キラーン♪)おーい。前のパラシュートどこ?」
長女:「この前、捨てたよ。だって、もうやらないって言ったじゃん!」
lce2:「・・・。」

バカヤロー!!!また、作るのかよぉ~!


材料には色々と制限があって、プラスチックのようにレオナルド・ダビンチの時代に無かった材料は使えない。もちろん、既製品はご法度。


箱の内側にコットンを貼り付ける。
IMGP5861.jpg

正八角形に切った布を8本のタコ糸で箱に繋ぐ。
IMGP5877.jpg
箱の姿勢を正しくさせるのがなかなか難しい・・・。

釣竿を使って落下テスト!
IMGP5866.jpg
左上に微かに見えるのが釣竿♪

おおおーッ!なかなか良い開きっぷりじゃないか!!!
IMGP5867.jpg
マドレーヌみたい。


先生にちゃんと落下させる為に中心に輪っかを用意。
IMGP5876.jpg


着地後に箱から速やかにタマゴを救出し、指定時間以内にゴールに持って行かなければならないので、長女の時と同様にガムテープのベロを摘んで簡単に蓋が開けられるように工夫がしてあるのだ。

IMGP5878.jpg


エンジニアの意地に賭けても失敗する訳にはいかない!って言うか、次女だけ失敗させたら一生責められそう・・・。

後半につづく



10:55  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2011.04.11 (Mon)

Satsuma Fry

是非、Satsuma Fryで定着して欲しいですね。

IMGP5902.jpg

輪切りの芋天だと水分を吸われて喉越しが悪いのですが、これだとパクパクいけちゃいます。その分、油の摂取も増えるんでしょうけど・・・。

芋焼酎と一緒に如何でしょうか。

13:00  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)
 | HOME |  NEXT