2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.31 (Tue)

BBQグリルのボンベ

数年前、据え置き型のBBQグリルを買った時、一緒に空のボンベが売ってました。同僚から、“最初に空のボンベを買わなきゃいけない”と聞かされていたので、そうかそうか、最初にマイ・ボンベを買えと言う事かと激しく納得。ボンベが空になったらHOME DEPOTに行くような事を言っていたので、その足でガスを“充填”してもらいに。

lce2:「このボンベにガスを入れて欲しいんだけど。」
レジ係:「???じゃー、ここでお金払って、ボンベを持ってケージの前に行って。」

おばさんの???のリアクションが微妙に気になりつつ、言われる通りに店外に出ると、確かにボンベが沢山入ったケージがあります。

lce2:「俺のボンベにガスを入れて欲しいんだけど。」
ガス係:「そりゃできないから、これをあげるよ。」
lce2:「???」


propane.jpg


Exchange Your Empty???そうか!最初に空のボンベを買う理由はこういう事だったのか・・・。でも、折角買ったピッカピカのマイ・ボンベの代わりに薄汚れたボンベを出され釈然としません。って言うか、Buy a Spareって中身入りも買えるって事?


じゃーさぁー、空のボンベを売る理由は何なんだよぉ~?


ま、2回目からは簡単な訳ですよ。
レジでボンベは持ってるよと告げて、中身の代金を支払います。


空になったボンベを持ってケージの前で待ちます。
DSCF1410.jpg
その内、ガス係が見つけてくれるので、空のボンベを返して中身入りのボンベをもらいます。

セット完了。
DSCF1415.jpg

Ready for BBQ!
IMGP5967.jpg


02:31  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2011.05.29 (Sun)

やっぱ、荒れちゃった・・・。

元旦のNew Year's Day以来、今年2回目のホリデーがやっとやって来ました。(そうなんです、日本の祭日・祝日は、アメリカと比べると、とても多いんです!)3連休の初日なら釣りに行っても良さそうなのですが、海況が思わしくありません。しかも、Lower Castaic Lake は更に風が強い予想が出ています・・・。熟慮の結果、風もウネリも弱まるという予報を信じて毎度のKing Harbor に Go!です。

しかし、浮き桟橋に乗った途端、嫌な予感が・・・。港内の奥なのにウネリの影響を受けて揺れてます。過去の経験から言って、こういう時は、ウネリのパワーが強く、状況が良くない。

取り敢えず出船してハーバーの外に出ようとしますが、堤防の先端を波が飛び越えています・・・。

っと、その時、トローリング中のミノーに生命感のあるアタリが!

残念、歯ガツオじゃない・・・。
DSCF1480.jpg
キャリコバスです。

この魚は、とても美味しいのですが、ハーバー内で釣れた魚は食べないという自分ルールに則ってリリースしました。(回遊魚は食べますけどね。)

この時点では、まだ風は弱く、ショートピッチのウネリを我慢すれば外でも釣りはできそうでしたが、予報では風は段々と強くなります。残念ですが、ハーバーに戻ります。今日は、ジギングロッドは用無し。Sasukeを投げまくりです。しかし、ケルプ(海藻)に引っ掛かり、結構ストレスが溜まります。心なしか風も強くなって来ました。

ドドーッ!
DSCF1487.jpg
堤防に当たった波しぶきが風に乗って飛んで来ます。(外に出なくて良かった)

ヒラメ狙いに作戦変更。仕掛けは、ドロップショット・ミノーです。コイツをトローリングします。カヤックを始めた頃、活きたイワシを付けてハーバー内で釣りをしていたのを思い出しました。

確か、ここには魚が付いてて良く釣れるんだよなぁ~、ヒット!!

サンドバス。コイツは美味しくありません。
DSCF1483.jpg
採寸してリリースです。

Captain Jack 号。
DSCF1486.jpg
ここだけの話ですが、この船の近くには何かが沈んでて、魚が付いています。

この後、全くアタリが無くなりました。
DSCF1484.jpg
ここで、24インチを筆頭に良い型のヒラメが釣れたんだけどなぁ・・・。

という事で、寒いし、つまらないしで退却です。海に出て、お土産無しは久々です。マグロの刺身でも買って帰るかと寄り道した日系スーパーで期間限定出店中のラーメン屋を発見!!!

北浜商店?聞いた事ないけど、わざわざ、函館から来てくれたんですね!
kitahama.jpg

北海道と言えば、味噌ラーメンでしょ♪
DSCF1490.jpg
くーっ、本物のラーメンだ。やっぱ、麺も旨いよ。($10しますが・・・。)

釣りはともかく、ラーメンには大満足な一日でした。








09:56  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2011.05.28 (Sat)

携帯の保険会社って大嫌い!

次女が携帯を盗まれて1週間。やっぱり出て来ませんでした。
仕方無いので、契約している保険会社のAsurionを使います。実は、私、この会社、

大嫌いです!

ウェブサイトに行くと、簡単に迅速にプロセスできるように見えますが、騙されてはいけません。実際は、本人確認のプロセスとか想定外な事とかで、結構時間が掛かります。オンラインで手続きが済むようになったようですが、少しはサービスが向上したのでしょうか?

要求される情報を入力し、身分証明書のハードコピーを送ります。今時、FAXなんて古い手は使いたくないので、PDFをアップロード。

お、おやーっ???

はじかれます。容量も制限内だし・・・。散々トライした後によくよく見ると、ファイルフォーマットは、tif か jpgだぁ~?普通さぁ、PDFが標準でしょ!(やっぱ、この会社クソです。)なんとか、オンライン上のプロセスが終了し、シッピングのトラッキングナンバーが送られて来ました。

何故、この会社が嫌いか?ですか?
あれは、数年前の事。長女の携帯が壊れました。しかし、Asurionから送られて来た代替品には、Verizonのロゴは無いし、ヒンジの動きも悪く、どう見ても新品ではありませんでした。「ま、こういう物なのかな」なんて甘さを見せたのが運の尽き・・・。1週間程で壊れました。早速電話しますが、担当の女はとても態度の悪い奴で、「1週間を過ぎてるから、交換には$30が必要です。」の一点張り。挙句、「じゃー、携帯の契約をキャンセルすれば?」とほざきます。今なら、もうちょっと食い下がれると思いますが、泣く泣く$50払った上に更に$30を払ったのでした。

で、今回ですが・・・。
IMGP5770.jpg
よしよし、新品じゃないか。(←あたりめーだ)

バッテリーを入れて、充電開始。おおおおおやーっ?エラーメッセージだ。@@

このバッテリーは、正しくありません。純正のバッテリーを使用してください。

バカヤロー!俺に恨みでもあるのかぁ~!!!
(へへーんだ。今回は一週間以内だから、$30なんて絶対に払わねぇからなぁ!)
結局、サポートに電話して、散々、テストとか「水の中に落としたりしてないよね?」なんて嫌~な質問とかされ、やっとの事で代わりのバッテリーが送られて来たのでした。ふぅ~。

やっぱ、この会社、クソです。(暇な人は、Asurion sucksでググって見ましょう!)


10:35  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2011.05.26 (Thu)

次女、携帯を盗まれる。

ドラッグとか銃の危険性を小学生の頃から教えるウチの学校区。残念ながら、学校での盗難なんてのはしょっちゅう発生します。以前にもランチ用のお金をバックパックから盗まれた次女。先々月、体育の時間中、ロッカーから携帯を盗まれました。本人は、ダイヤル式の鍵を掛けても強く引っ張ると扉が開いてしまうと言っていますが、注意散漫な性格なので鍵を掛け忘れ、半開きだったのではという疑惑も・・・。

携帯が無くなっている事に気付いたのは、下校時に次女がカミサンに電話しようとした時でした。その後、学校に到着したカミサンが在り処を探ろうと校内で電話を掛けますが、電源が切れていて繋がりません。次女が落としてしまい誰かに拾われている可能性も排除できないので、帰宅後に再度電話をすると応答がありました!しかし、何度電話しても直ぐに切られてしまいます。ムカツク!

すると、カミサンの電話に次女の携帯からテキストメッセージが入りました。


“Leave me alone.”


do.jpg


その後、直ぐに次女の回線を無効にしたので、悪用はされませんでしたが、盗んだ奴はアドレス帳や写真を握っています。

とても嫌な気分です。


10:10  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2011.05.24 (Tue)

醜い魚は旨い!

今回釣った、Tree Rockfish。正直、美味しそうに見えませんが、一昨年に釣った時、清蒸にしたらとても美味しかったので、今回は刺身に挑戦です。異国の地の魚を刺身で食べる時、「グフフ、こんな魚を刺身で食べた日本人は、そうそう居ないだろう。」なんて考えては、ニタニタしています。

で、このTreeくん。滅茶苦茶旨いです。
IMGP6063.jpg
脂も甘みもあって、私的には今まで釣った白身魚の1位にランクしたい位です。

カミサンが、どういう基準で刺身にするかしないか決めるの?って聞いたので、

「フィーリング」

と答えて置きました。

ここで、白身魚の刺身のタレの紹介です。
sashimisauce.jpg
右:マルハヤシさんから頂いた、マルハヤシ刺身醤油(甘露)とワサビ
左:ebizoさんから教わった、レモン汁+塩+柚子胡椒
上:ポン酢とスリラーチャ(中華のチリソース)
淡白な味の白身魚には、個性的なタレが合います♪


鮭とタラの名を持つ通称サーモングルーパーはソテーです。
IMGP6065.jpg
バター&ポン酢のソースとニンニクが堪りません。

Brown Rockfishは、定番の清蒸にしました。今回は、皿のそこに貯まる魚の旨みが出たスープでラーメンを作ってみました。と言っても、冷凍の塩ラーメンにこのスープを加えて、片栗粉でとろみを付けただけですが・・・。

中華料理屋さんの中華麺のようです。
brramen.jpg
もちろん、バリ旨でした!




11:00  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (20)

2011.05.23 (Mon)

今年のRedondo、期待してもいいですか?

強い南風の影響が残るかも知れないので、先週行ったCastaicに再挑戦しようかと悩みましたが、ウネリが納まりそうなので、Redondo沖に決定。いつものKing Harborから出船です。

干潮だからなのか寒いからなのか、朝の桟橋には誰も居ません。
先ずは近場の漁場で岩アイナメを狙う。投入するのは、もちろんカプリス!

ヒット!40cm弱のサーモングルーパー。
DSCF1461.jpg

これ、微妙なサイズです。この魚は2匹しかキープできないので、できればリリースしたい。でも、魚がある程度のサイズを越えると浮力があるので、8ozの強制送還を使ってもリリースできない。リリースを試みると、良かった、ゆっくりだけど沈んで行く!

また釣れちゃいそうなので、海溝に張り出した海底の岬に移動。

スピンチックにチェンジしてヒット!
なんか、毒々しい色です。
DSCF1462.jpg
Tree Rockfish。どこが“木”に見えるんでしょうか・・・。

お次は、Brown Rockfish!
DSCF1465.jpg

この時から、アザラシがストーカーのように付き纏います。私の魚を狙っているのかも知れません。睨みつけてやると、突然潜って私のカヤックの下に潜行を始めました。

嫌な予感・・・。

次の瞬間、ラインがビーン!!!。アホ、引っ掛けるなよ!多分、若いチンピラアザラシでしょう。経験を積んでる奴は釣り糸を上手に避けますから。幸い直ぐ外れましたが、アザラシ君、多分痛かった筈。次から気を付けろよ。

恵比寿と呼んでいる大型サーモングルーパーが期待できるポイントに移動します。ここは、海底の岬の先端に位置する小さな根で、A級ポイントと言えます。

気合を入れてカプリスを投入。
着底、ガツーン!!!

カプリス献上・・・。
せっかく、日本から取り寄せたのに・・・。

残り一個のカプリスをロストしたくないので、スピンチックにスイッチ。
着底と同時にヒット!!!

サーモングルーパー。
DSCF1466.jpg
このサイズならキープです!

そろそろ、刺身が美味しいレッドスナッパーが欲しいなぁ

ヒット!
DSCF1468.jpg
おおおー、またキミか。

これで、サーモングルーパーは打ち止め。潔くポイントから退散。仲間内で“赤い花園”と呼ばれる、レッドスナッパーの漁場に行きます。

ははは、釣れるじゃないかぁ♪
DSCF1473.jpg
1匹目

DSCF1474.jpg
2匹目

DSCF1475.jpg
3匹目

満足、満足。

でも、魚探が不調・・・。突然、こんな画面になります。故障なのかな?
DSCF1471.jpg



02:39  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2011.05.22 (Sun)

俺のさくらんぼ...

やったぜぇ!さくらんぼの樹に実が付いた!!!

しか~し、なんだこの不思議な形は?@@
11Cherry1.jpg
取り敢えず、産毛が生えてないので、アプリコット疑惑は晴れた事にしよう。(実は、大家が切り倒した、アプリコットの葉っぱと花にそっくりだったのだ・・・。)先っちょのヒゲも気になるなぁ。

ま、いいか。


ワクワク

ワクワク

ワクワク

ワクワク



ガチョーン



11Cherry2.jpg
まさか、ミニ干し柿の樹だったとは・・・。

来年に持越しです。(号泣)

08:24  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2011.05.20 (Fri)

珍鳥 Wallrunner 現る!

長年アメリカに住む友人もなかなか見られないと言っていた、ミンミンって鳴く例の鳥。アリゾナでキャンプをしていた時に、たまたま発見したんですが、実は、自宅の近くの路上で1度だけ遭遇した事がありました。

その鳥の名は、Greater Roadrunner。日本名:オオミチバシリ(直訳かよ!)

数週間前、朝食を取っていると、なんと庭に居るではあーりませんか!写真を撮りたいのですが、望遠は持ってない。しかも、ガラス越し・・・。

roadrunner.jpg

我慢できず、逃げられるのを覚悟でガラス戸を開けて庭に出ます。コイツの足の速さはアニメを見て十分に知っていますからね。

が、意外にそうでもなかったりして・・・。って言うか、お前、“カベバシリ”?




また、遊びにおいで。
wallrunner.jpg



10:29  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2011.05.18 (Wed)

マッコリ飲み比べ

トロントに住むビール・ソムリエのような知識も文章力も無いので、一挙まとめて簡単に紹介です!ちなみに、私は、発泡性があって酸味がある物が好みです。“パンチ無し”は、シュワシュワも酸味も無いという意味ですので悪しからず。

コリアンのおっちゃんが迷うことなく買ったので、真似っ子。
IMGP5737.jpg
パンチ無し・・・。月梅に似てる。

フルーツ物
IMGP5736.jpg
カミサンは美味しいと言ってたけど。ジュースの方が美味しいと思う。

上の物よりラベルが洋風
IMGP5762.jpg
上の物との違いが分からない・・・。

物凄く期待していたジンロ
IMGP5761.jpg
想定外のパンチの無さに号泣。

別にこのグラマーな女性に釣られて買った訳ではありません。
(構図的に女性がメインになってるけど)
IMGP5906.jpg
かなりの巨・・・じゃなくて、かなり美味いです。

やっぱ、最初に飲んだ“Kooksoondang”が、入手性も良く美味しいです。
IMGP5893.jpg
下の二つは同じメーカーだと思います。


マッコリは、アルコール度数がビールと同程度なのでグビグビ行けますが、淡白な味わいだと薄~くなってしまった水割りを飲んでる感じで、お酒を飲む楽しさに欠けます。って、上の全部を1日で飲んだ訳ではありません。

私の中で最高の濁りは、やっぱこれです。

澤乃井の春ノ雪

10:16  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2011.05.16 (Mon)

CAの有名レイクに行って来ました。

在米8年目にして、バサー憧れの湖の一つ、Castaic Lakeに行って来ました。このダム湖は、UpperとLowerの2つに分かれており、今回は、Lagoonと呼ばれるLower Castaicで釣りをしました。10パウンダーが潜む、こんな著名な湖で釣りができるのは、バス野郎にとっては、非常に感慨深い事です。この機会を作ってくれた釣友S氏に感謝です!

開門の6時前にゲート前に並びます。S氏の車を入れて4台。いつも行くDiamond Valley Lakeのようなクレージーな混雑さはありません。Lagoonは、南北1マイル程の小さな湖で、動力はエレキの使用しか認められておらず、カヤックやフローター向きの釣り場と言っても良いと思います。ゲートで、入園料$11とカヤックのランチング代$7を払います。

ボート用の桟橋を拝借
DSCF1436.jpg

先ずは、シャローから狙います。マンメード・ストラクチャーに弱い私としては、桟橋につい魅かれてしまいます。S氏曰く、“40アップがウジャウジャ居ます。全然ルアーに興味示しませんけど・・・”。やっぱり、不発です。ここで、日本から仕入れた小型ミノーをキャスト。

グフフ♪コツコツという、じゃれ付くようなアタリの後にヒット!
DSCF1437.jpg
Lagoonの記念すべき最初の一匹(小さくても嬉しい♪)

この後、良い感じで釣れます。
DSCF1438.jpg

でも、サイズが小さい・・・。
DSCF1439.jpg

と、ところが、この釣れ釣れミノーを痛恨のロスト・・・。
「セイラさ~~~ん」

うーん、懐かしいぞ、この感じ。葦ではなく、ガマのような植物。
DSCF1454.jpg
操船ミスで、近寄り過ぎた時、カバーの下から、50後半位の奴が2匹出て来ました!

これが、S氏のボート。
portas.jpg
例の折り畳めるボートです。自作のバウデッキが秀逸です。

ここが、最上部にあるUpperの吐き出しです。
Lagooninlet1.jpg
ドドーッと爆音を上げて放水されています。

左側は放水されていませんでした。ジャンプ台みたいです。
DSCF1453.jpg


流石は“ニュータイプ”というルアーを失くし、ワームにスイッチです。アタリの数が全然違いますが、やっとヒット!
DSCF1447.jpg
相変わらず、サイズが小さい・・・。

ん?今度は、サイズが良さそう。
DSCF1449.jpg
44cm。アフタースポーンで痩せてます。

もう一本追加して終了です。
DSCF1452.jpg

今日は、良く漕いだなぁ。
DSCF1451.jpg


この湖、なかなか気に入りました。また来よっと。



07:49  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)
 | HOME |  NEXT