2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.30 (Mon)

自動車保険更新の罠

数ヶ月前、不意に引き上げられてしまった自動車保険の保険料。確認しないでサインした私に非があったのですが、またまた保険会社から1通のレターが送られて来ました。今度は、騙されないぞ!!!


lce2家の実際の年間走行距離は、6,500と10,000マイルです。

annualmileage.jpg

ほらほら。走行距離の見積りが16,000マイルに水増しされています。


この保険会社にするまで、契約を更新する際には前年の契約と同じ走行距離で見積りがされていて、勝手に走行距離を水増しされたことはありません。よくよく読んでみると、”見積りが現在の走行距離と違うかもぉ~”などと書かれてあります。しかも、1ヵ月後の期限までにサインして書類を返送しないと、16,000マイルにしちゃいますよと。前回は、何の疑いも無くYesに丸を付けて送り返してしまった訳です。

えげつないですね。

10:45  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2012.01.28 (Sat)

なになに?この癒し系の魚???

何ぃ?このポッテリとした愛くるしい魚?@@
IMGP0342.jpg
頭がカブトガニみたいでちょっとグロだけど、まん丸のシッポが超可愛いーい~~♪

数年前、釣友S氏が釣り上げた魚ですが、彼は、魚体を傷めないよう優しく触れ、丁寧にメタルジグを外してリリースしてあげました。

で、後日、この魚の写真を見たebizoさん曰く、

これ、電気エイ だよ!


ヒエ~~~。


Pacific electric ray。45ボルトの電気を発生!ebizoさんの知り合いの巨漢の米人ダイバーもコイツの一撃で失神してしまったとか・・・。

200ftから引き上げたので、途中で、「ピカチュー!」と放電し切ったのが幸いだったと言う事です。

怖ッ。


12:33  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2012.01.26 (Thu)

JRパスの落とし穴

グリーンカードを取ると日本人でも外国人用のJRパスという乗り放題のチケットが利用できます。それなりに制限があるのですが、7日間:28,300円が一番安い物で、グリーン車に乗れる21日間の物が最高額の79,600円です。Cimarronさんのように上手に使えば、かなりお得みたいです。

数年前、鉄道の旅も良いなぁと試しに使ってみました。アメリカではパスは発行されず、引換証をJRの窓口でパスと交換しなければなりません。成田の窓口に行くと、待ってましたとばかりに英語で応対。

「あのぉ~、日本人ですぅぅぅぅぅ。」
(何か、インチキしてるようで恐縮してしまいます。)

行き先は鳥取。実は、鳥取の鉄道、電化されてないどころか、現在も殆どが単線です・・・。主要都市までは新幹線で楽々行けたとしても、鳥取へは在来線に乗り換える必要があります。ルートはいくつかあるのですが、特急スーパーはくとに乗るのが最速。しかし、乗車券を手配しようとすると驚愕の事実が・・・。

スーパーはくとは、智頭急行という別会社が運行しているので、JRパスが使えない!
(聞いてねぇーよ!)

しかも、JRだけで行こうとすると、乗り継ぎが悪く時間帯も最悪。どう見てもスーパーはくとを中心にダイヤが組まれているようで、仕方なく追加料金を払う事に。結局、全然お得にならなかったのでした・・・。このJRパス、パスポート位の大きさで電子化には対応してないので、いちいち駅員に見せなければなりません。新大阪の若い女性の駅員に見せた時は、大声で英語で引率されて・・・。

スーパーはくとの運転席。
IMGP3152.jpg
ディーゼルカーです。

駅弁に憧れていた長女が買って来た3000円もする焼肉弁当。
CIMG1801.jpg
あの時、俺は、まい泉のカツサンドで我慢したのに・・・。


家族で行った列車の旅、良い思い出です♪


12:21  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2012.01.24 (Tue)

剪定必勝

我が家の裏庭にはリンゴの樹があります。でも、実ったリンゴは、あまり美味しくありません。大家が雇っている庭師は隔週でやって来ますが、樹の剪定はしてくれないので、リンゴの樹は伸び放題です。

昨年は嬉しくない大豊作。冬になっても干からびた実が付いています。
IMGP7003.jpg
全然収穫しないので、最盛期には樹の下が大変なことになります・・・。

で、今年は久々に剪定しました。
IMGP7011.jpg
フフフ、先手を打ってやったぜ。(ちょっとやり過ぎたかも・・・)

運動不足の解消にはなったかな。
IMGP7010.jpg




13:32  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2012.01.22 (Sun)

ミーティング中に起こっていた事・・・。

おとといの朝、

「ミーティングを行うので、直ちに食堂に集まりなさい。」

と、HR(総務課)からメールが来ました。直後にディレクター(部長)が巡回して、食堂に急ぐよう呼び掛けます。

レイオフ(解雇)の話でした。

「食堂に呼ばれなかった人は、今、各々の席で荷物を集めている。職場に戻って、彼等がまだそこに居たら、どうか敬意を持って見送ってあげて欲しい。」

昨年、私が勤める事業所は目標を達成することができず、マイナスになった分の人を切るよう、本部から通達されたようです。重い足取りで職場に戻ると、同僚の何人かが、部長クラスに監視されながら段ボールに荷物を詰めています。一般的に、企業の情報を持ち出されないよう、解雇は直前になるまで本人には伝えられず、極短時間で荷物をまとめ、会社の外に追い出されます。動揺を隠せない状態で箱詰めをしている同僚を見るのはとても辛く、とても恐ろしい光景でした。

普段からパフォーマンスが悪い人がクビになるのは致し方ありませんが、キッチリと業務をこなしていた優秀な人材が解雇されたのは、大変ショックでした。私は幸いにも解雇というような屈辱を味わったことがありません。もし、レイオフされたら、自分をコントロールする事ができるかどうか。家族に事実を伝えなければならない同僚の気持ちを考えると、とても辛いです。


05:16  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (20)

2012.01.20 (Fri)

Goosenecks 州立公園

2008年、グランド・サークルの旅の続きです。

Goosenecks州立公園。モニュメントバレーの近くにある峡谷です。Gooseneckとは湾曲したという意味らしいですが、直訳の漢字、“雁首”にも同じような意味があるとは面白い!

カヤックで下ってみたいなぁー。
IMGP1417F.jpg

曲線がとても綺麗です。
IMGP1418.jpg

下流にボートランプを発見。
IMGP1409.jpg
現在も激しく侵食中?水が物凄く濁ってます。


そうだったのか!
IMGP1422FC.jpg
このギザギザ模様、どこかで見たことないですか?

13:32  |  Travel  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2012.01.18 (Wed)

ミッション(伝道所)のプロジェクト

カリフォルニアの4th Grader(小学4年生)には、ミッション・プロジェクトという親泣かせの宿題があります。作る模型は、3rdの時のTipiより難易度が高い“教会”です。しかも、本格的なレポートも書かなければなりません。と言っても、もう4年も前の事になりましたが・・・。

ご近所さんから「4年生のミッションは大変」と聞かされていたのですが、そもそもミッションの意味が分かりません。これ、スペインの宣教師が1769年~1823年の間にカリフォルニアに建てた21の伝道所の事だったんですが、それを知っても尚、

「だから、何?」

という疑問が消えません。

取り敢えず、どんな物か見た方が良いと勧められて実物を見に行きました。
sb_mission.jpg
Mission Santa Barbara

礼拝堂も独特な様式です。
DSCN1194.jpg

4年生の為なのか、模型が展示してありました。
DSCN1189.jpg
ほうほう。こんな物を作るんですか。

見学して見て段々と分かって来ました。歴史の浅いアメリカの、しかも郷土史を学ぶ格好の教材な訳です。さて、実際のプロジェクトはと言うと、見学したサンタバーバラは選べず、先生が無作為に選んだSan Miguel Arcangelが次女に与えられました。残念ながら、見学に行くには遠過ぎたので、インターネットで調べる事にしました。(ならず者が押し入った等という凄惨な過去を知る事に・・・。)

先ずは、模型作りです♪
発砲スチロールの板に小麦粘土を塗って質感を出し、色を塗りました。
IMGP0993.jpg
屋根は段ボールです。

デコレーションも大切です。
gardenmission.jpg
人形と建物の縮尺が違いますが、気にしない、気にしない。

基本的に、靴の梱包箱のような紙箱にレイアウト。
IMGP0995.jpg
年度末のOpen houseという学校開放日に教室で展示されます。

さーて、難題はレポートです。先生から渡されたレターには、Writingの基本となる“Five Paragraph Essay”に則って書くよう手順が書いてあります。それによれば、最後に結論を述べる事になっています。調べた歴史上の事実に対して、何故結論を述べる必要があるのか?私は甚だ疑問を感じましたが、手順通りに娘とレポートを作成している内に段々と日本人には無い思考回路が見えて来ました。


大学生になって書く論文の基礎を小学生から学ばせる。アメリカに居ると、こういう一貫性を多々感じさせられます。


12:05  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2012.01.16 (Mon)

居酒屋の客:教授

バイト先の居酒屋は、私が通う学校の最寄の駅にありましたので、学生だけでなく学校関係者も飲みに来ていました。他にも、売れない小説家やミュージシャンという変わり者も居て、客層はバラエティーに富んでいました。私も音楽サークルの連中と頻繁にバイト先で飲んでいたんですが、

「悪い事言わねぇから、音楽なんてやってねぇで、ちゃんと勉強しろ!」

と、ドリフの後ろで演奏していたトランペッターに説教された事もありました・・・。


私が専攻していた学科には“四力”と呼ばれる力学の必修科目がありました。

4power.jpg

中でも水力学は単位の取得が難しく、学生泣かせの科目として有名でした。
(ここだけの話ですが、教授が偏屈でとても意地悪だったんです。)


2年生になり、四力の授業が始まりました。噂の意地悪教授の教室に行くと・・・。



「あっ!このおっさん、

 いつもカウンターでベロベロになってる客だ!」



教授も、行きつけの居酒屋のお兄ちゃんが教室に居るので、ビックリした様子。


やはり試験は相当に難しく、前期も後期もチンプンカンプン・・・。ところが、学年末に貼り出された単位取得者の中に不良学生の私の名前があったので、さー大変。授業に真面目に出席していた連中から七不思議のように言われましたが、

フフフ、世の中、勉強だけが全てではないという事もあるのだよ。
(あの教授、意外に意地悪じゃなかったな♪)

11:14  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2012.01.14 (Sat)

トレジョの麦チョコ

麦チョコって好きです。(って言うかチョコレート大好き♪)

正確には麦チョコじゃないんですが、似た感じでなかなかいけます!
IMGP6941.jpg

ついつい半分程食べちゃいました・・・。
12:35  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2012.01.12 (Thu)

幼児のくせに大人みたいな喋り方

英語には日本語のような複雑な敬語はありませんが、小さな子供でも主語と述語が入った完成された文章を話すような気がします。だから、敬語が必要ないんじゃないかと。この為、大人が日常的に使うのと全く同じフレーズを子供が喋る場合もある訳で、日本人が聞くと、とても大人びて聞こえてしまいます。

ある日、釣りを終え桟橋に戻って来ると、3人の小さな子供と若い母親が居ました。

DSCF0263.jpg

一番年下と思われる男の子が私に話し掛けて来ました。

「How's fishing?」

まだ、オムツを履かされている幼児に大人みたいな質問をされ、一瞬たじろぎました。


lce2: 「Not bad.」


「Cool!」(大人かよ!)


魚を見たいかい?と聞くと、3人のおチビちゃん達が大喜び。口はいっちょ前でも、そこは子供です。早く見せろと大騒ぎ。可愛いのぉ。

どーだー!!!
DSCN2954.jpg
チビちゃん達、魚を見て興奮してます♪


その光景に癒されていると、若い母親も覗きに来ました。



「Ew!(キモッ!)



子供の話し方が大人っぽい = 大人も子供っぽいという事か・・・。
確かに、職場でも似たような光景を目にするなぁ。


しかし、失礼だよ!


11:50  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)
 | HOME |  NEXT