2012年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.30 (Sun)

スタバの吸い口

正直に言います。
私は、スタバの吸い口からクールにコーヒーを飲む事ができません・・・。

IMGP7944.jpg

皆さん、火傷とかしませんか?


08:33  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

2012.09.28 (Fri)

キッチンの引き出しの修理

帰宅すると、キッチンの引き出しが上を向いて斜めに刺さってます・・・。引き出しを抜き出して見ると、奥に付いているプラスチックの部品が壊れています。ググってみるとRear drawer guideと呼ばれる部品らしいです。

なるほど、こんなガイドレールが付いていたのか。
IMG_0047.jpg


前々からキッチンを新しくしてやると言ってくれてる大家に話せば大規模なリフォームになりそうなので、こっそり直す事にしました。とは言え、34年前の部品を探すのは面倒・・・。壊れていない部分を利用して応急処置をする事にしました。

歯ブラシを切って、
IMG_0046.jpg

適当にネジ止め。
IMG_0045.jpg
これで後数年は持つだろう。

段々アバウトになる自分が怖い・・・。

10:19  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2012.09.26 (Wed)

親子の接点

私は音楽は好きですが、狭く深く聴くので詳しくはありません。曲名を覚えるのも苦手で歌詞も聞きません。当然、その曲がいつ、どこで作られたか等という情報にも大変疎いので、音楽を語る場で相手をガッカリさせる事もしばしば。中学生の頃、Mike OldfieldのTubular Bellsのサウンドに衝撃を受け聞き込みました。夜中であっても、うっとりした気分で何度も何度も聴いていたのでしたが、当時はあんなに怖い映画で使用されていた事を知らなかったのでした・・・。

この前、ラジオで凄く良い曲が流れました。クラシックロックの局だったので、昔の曲だと信じ込んでいたのですが、次女がその曲を聴いているではありませんか!

lce2: 「なんでその曲知ってんの?」
次女: 「流行ってるんだよ、この曲。」
lce2: 「それ、昔の人の曲でしょ?」
次女: 「アデルだよ。」
lce2: 「あ、アビルね。」(←アヴリル・ラヴィーンのつもり)

次女:「ア~デ~ル~」

IMG_0050.jpg

長女は、日本の音楽が大好きで洋楽は全然聴きませんが、次女は洋楽もかなり聴きます。この後、Adeleの色んな曲を聴かせてくれました。娘と音楽の話をするのってとても楽しいです。

で、ちょっと次女をビックリさせてやろうとイントロをコピーしてみました。

でも、全然驚いてくれませんでした・・・。


10:17  |  Music  |  Trackbacks (0)  |  Comments (2)

2012.09.24 (Mon)

釣果が落ちた原因は?

先週は惨敗でしたが、今週はどうでしょうか。
King Harborには海草の切れ端が沢山浮いています。浮遊物を避ける為、トローリングしていたSASUKEをピックアップして、トレースし直すと、

今年、初ボニート。
DSCF2328.jpg
藻の塊に突っ込んでしまい、全然引かない状態で取り込み。(小さいのでリリース)

岩アイナメポイントに移動。マズイです。先週より食いません。
DSCF2329.jpg
サーモングルーパーを何本か釣りましたが、サイズが落ちてます。

根掛かりが激しいので、パチモンにスイッチ。
DSCF2330.jpg
Honeycomb RF。

沖の海底ワンドに移動です。

着底と同時にバイト!
DSCF2331.jpg
Sand Bass。なかなかのサイズ。コイツ、イカを食ってます。

よし、イカを釣ってやろう!同僚のメキシカンのおっちゃんにもらったチープなイカ釣りジグを投下。アタリを感じるのですが乗りません。うーん、激しく難しい。って言うか、本当にイカが突っついてるんだろうか?水深30~40mなんですけど、どんなジグが良いんでしょう?

全く釣れないので、外海側の駆け上がりに移動。先週同様、底近くにアタリが集中するので、着底後にモゾモゾアクションで。

レッドスナッパーがヒットしますが、極小サイズばかり・・・。
DSCF2334.jpg
うーん、これはキープかなぁ。(くー、寂しい)

Flag RF。
DSCF2337.jpg
キミも小さいのぉ~。

今までの好釣が嘘のようです。変わった事と言えば、魚がイカを捕食している事。そして、海岸近くにずっと張り付いている浚渫船。シャローの水質は明らかに悪くなっています。ヒラメ狙いのカヤッカーは何も釣れなかったと言ってました。

うーん、難しい。


ところで、前回アップしたジグ、魚には全然ウケませんでした。(人間にもという話もありますが・・・。)



09:40  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2012.09.22 (Sat)

このジグは秀逸だ

錘ジグの実験の続報です。2ozの錘を2個付けてみましたが、アメリカンクラッカーのような良い動きをしました。残念ながら魚を釣り上げる事はできませんでしたが、アピール力はかなりあります。そこで、タコベイトでパワーアップです。

リーリング中。
IMGP7989F.jpg

リーリングストップ!
IMGP7988F.jpg

フォール中。
IMGP7987F.jpg


写真から推測すると、一番間抜けに見える真ん中の状態、そして一番弱そうに見える下の状態にバイトが集中する筈です。これは、スロージギングのコンセプトと一致する実に秀逸なアイディアと言わざるを得ません。

10:07  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2012.09.20 (Thu)

やっぱ拾って来ちゃった

昨日の記事を投稿した直後、現場を通ったカミサンが

「キャップみたいなのまだあったよ♪」

と言うので現場に急行!(でかしたぞ、枯らし屋!)



Toooooooooooo late... 


IMGP7996.jpg


10:33  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2012.09.19 (Wed)

拾っとけば良かった・・・。

走行中、


ゴン!


と鈍い音。空かさずバックミラーを確認すると路上にホイールキャップが落ちてます。どうやら飛んで来て私の車にぶつかったようです。

「ったく!対向車の馬鹿野郎ぅ!ふん、キャップが無くなってさぞ困るだろうよ。」

自宅に着いて傷の状態を調べようと車を降りると、



ガチョーン!!!



IMGP7993.jpg

って、自分かよ!拾っときゃ良かった・・・。

11:02  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

2012.09.17 (Mon)

ロックフィッシュと秋の空

今週は、Ebizoさんと出漁です。

先ずは、岩アイナメポイント。
DSCF2322.jpg
着底一発でサーモングルーパーがヒット。(ふふふ、今日も、入れ喰いか)

2匹目。
DSCF2323.jpg
食ったばかりと思われるイカが口に入ってます。(旨そう・・・。)

ところが、ここからアタリがぱったりと途絶えます。

EbizoさんからVHFに連絡があり、待ち合わせの為、海底馬の背に移動。ところが、全くアタリ無し・・・。ここでEbizoさんから再入電。

「水漏れが酷いので戻ります。」

残念、・・・。案内する予定だった絶好釣な海底ワンドに一人寂しく移動です。


チーン


恐ろしい程にアタリがありません。魚はどこに消えたんでしょう・・・。気付けば、ペリカンやらカモメやらが私のカヤックを遠巻きにしておこぼれに期待してます。(それだけ餌が無いということなのか?)ひょっとすると、イカが接岸して魚達はお腹が一杯なのか?イカがベイトの場合は、ジグは不利なのか?

海底ワンドから一山越えて外海に向かって落ちる駆け上がりに移動してみます。

やっと釣れた~。
DSCF2324.jpg
波平回避♪

何となく底に張り付いてる感じがしたので、着底後、モゾモゾアクションをすると
DSCF2325.jpg
ヒット。でも、小さい。(サーモングルーパー、キープすれば良かった・・・。)

今日は、ジグじゃないのか?インチクは持って来てないので、セブンスライドを投下。
DSCF2326.jpg
鬼カサゴがヒット。

この後、小型しか釣れず、本日のお持ち帰りは2匹のみ。カミサン曰く、


「波平+2本だから、オバケのQちゃんだ。」


片付け後のビール。(くそ~、何がオバQだ!!!)
IMG_0091.jpg

って、どこが秋の空やねん!
IMG_0092.jpg

醤油麹ができ上がりました。
foodpic2709114.jpg
紫蘇で包んで食べると最高に旨いです♪

04:21  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2012.09.14 (Fri)

デザイナー vs エンジニア

アメリカでは設計する事もDesignと言いますが、日本ではデザインと設計という言葉は、はっきりと区別され使用されます。

車でも電気製品でもデザインはとても重要な要素ですから、デザインを専攻したデザイナーがデザインします。デザインの部署ではコンペが行われ、選定作業を経て関連部署へのプレゼンテーションが行われるというのが一般的な流れだと思います。自分が担当する製品がカッコ良くなるのは嬉しいのですが、反面難しい形状だと製品化するのが大変でコストが掛かる事もあります。私が日本で働いていた会社では、エンジニアには意匠的な感想ではなく、実現可能かどうかと高いか安いかの意見が求められ、あまり市場のトレンドを理解してないお偉いさんの趣味でデザインが決定されガッカリ・・・というケースもありました。

デザイナーというのは芸術家肌の人間ですから、変わり者が多い訳です。彼等のプレゼンは通常の業務では絶対に聞かないような奇抜な表現が多く、正直とても楽しみにしていました。

例えば、ある製品のパワーボタン周りのデザイン。
egg3D.jpg
(適当に模した物で、実物ではありません。)


デザイナーさん曰く、

「外界から身を守る卵を連想させる形状を用いてパワーボタンという大切な部分を表現しました。また、右斜めに配置された事で装置のスピード感をアピールしています。」


ブヒブヒ。(一応、真面目な顔して聞きます。)


デザインに関してはデザイナーに一目を置いている私ですが、一度だけデザイン部署と大喧嘩をした事があります。お客さんの使い勝手を考えて敢えて非対称の形に設計していると説明しているのに、左右対称の美しいフォルムのデザインをぶつけて来たからです。上司も営業もその美しさにうっとりしてしまう始末・・・。民生ではなくビジネス向けの製品だった事もあり、「デザインより機能優先」と訴え何とか説き伏せて武骨な私のデザインで商品化されたんですが、これが、グッドデザイン賞を受賞!

フフフ。世の中こういう事もあるのだよ。

ちなみに、この件が私の査定に加味される事は全くありませんでした。
世の中そんなもんだよ・・・。

12:04  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2012.09.12 (Wed)

プロのコックが調理すると・・・。

釣友の一人が日本に帰任することになりました。私もこっちに来て8年が経過。滞在が長くなると、日本に帰る人との別れを何度も体験する事になるのですが、毎回寂しい思いをします。

送別会の会場のチャイニーズレストランに問い合わせると、魚の持ち込みが可能だという事が分かりました。
IMGP7978.jpg
下処理をして、一晩冷蔵庫で保管です。

持ち込んだ魚を料理長に見せると、揚げて甘酢餡かけにしたらどうかと。

ホッケのように開かれて出て来ました。(しめしめ、大きく見えるぞ♪)
foodpic2692646.jpg
プロが揚げると抜群の美味しさ!

こっちは、リクエストした清蒸。
foodpic2692659.jpg
この味付けは真似できない・・・。


Sさん、またバス釣りしましょうね!



11:40  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)
 | HOME |  NEXT