2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.31 (Sat)

続・スプリンクラー復活大作戦

スプリンクラー復活大作戦で発覚したサイズ違いの問題は無事解決しました。

メーカーが違っとりました・・・。(色を変えるとかして独自性を出して欲しい)
IMGP8712.jpg
きっと何年もこの形で売られてるんだろうな。

無事接続して通水!
IMGP8716.jpg
やったー!復活です♪(これで、ホースの水遣りから解放される。)

さて次はタイマーの接続です。水道管の脇からケーブルをガレージ内へ。
IMGP8719.jpg

なんとか3本のワイヤーが通せました。
IMGP8718.jpg

Wire nut。ワイヤーとワイヤーの空中配線に使います。
IMGP8720.jpg
これは、防水タイプです。

バルブのソレノイドに配線して
IMGP8758.jpg

タイマー接続完了♪
IMGP8721.jpg
通電して動作する事を確認しました。


フロントヤードは取り合えず復帰しましたが、問題は、バックヤード・・・。


年代物のバルブが鎮座しています。(配管からやり直しかも)
IMGP8761.jpg
って言うか、タイマーの配線をどうやってここまで引っ張るんだ?

11:32  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2013.08.29 (Thu)

スプリンクラー復活大作戦

いよいよ楽しみにしていたスプリンクラーの修理に取り掛かります。取り合えず、復旧が急がれるフロントヤードのバルブの交換です。

先ずはお買い物♪
IMGP8694.jpg
グフフ、楽しいなぁ。

右側のバルブは蓋が欠けてて弁が作動しません。
IMGP8697.jpg

左側は作動するのですが、線材がボロボロ・・・。
IMGP8698.jpg

という事で、2個共交換♪
IMGP8709.jpg
PVCをPVCカッターで切る!

実は、劣化していて切るというより、割れてしまった・・・。結局、ノコギリで切る羽目に・・・。

カップラーをPVCセメントでパイプに固定。
IMGP8710.jpg

そしてそして、バルブ本体の接続です。

んんん?
IMGP8711.jpg


合わないしぃ~~~!




12:48  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2013.08.27 (Tue)

早速水遣りの効果が!

いやー、生命力を感じますねぇ。

って、オマエ、勝手にでかくなってんじゃねぇーよ!
IMGP8755.jpg
しかし、旨そうだなぁ。

芝も早く伸びないかなぁ。

11:54  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2013.08.25 (Sun)

ホントに漏れないの?

水遣り用にホースセットを新調しました。

Never Leakだと???そんなの当たり前だのクラッカーなんて言っちゃだめ。
IMGP8680.jpg
歴代のホースセットはジャージャー水漏れしてました。

どうも、アメリカのホース関連製品は締まりが悪いようで、こういう当たり前の事が商品のアピールになるのです。

で、すっかりそれに乗って買ってしまう自分・・・。
IMGP8682.jpg
って言うか、蛇口のハンドルから水漏れするんですけど。

レベルワインダー付だぜ♪
IMGP8681.jpg
手で動かさないと役に立たないけど。


ホースの接合部がダイキャスト製なので確かに水漏れしません。


14:11  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2013.08.23 (Fri)

このままでは更に貧乏屋敷になってしまう・・・。

オープンハウスの時から芝生に元気が無かったのは知っていたんですが、売るとなった前オーナー、全く水遣りをしないで出て行きました・・・。9年前に越して来た時も前の住人が水遣りを全くしてなかったので悲惨な状況でした。

今回もまたゼロからやり直しです。
IMGP8699.jpg
枯れ枯れにしてると近所から文句を言われかねないので、早急に手を打たなければ!

この家、スプリンクラーにタイマーが付いてないんです。(右の奴は壊れてます。)
IMGP8696.jpg
契約前に知らされていたのですが、逆に喜んだあの時の自分が悔しい・・・。

裏庭はこんな感じで更に悲惨です。(外からは見えないからいいか。)
IMGP8706.jpg
でもって、裏のスプリンクラーは老朽化が激しく稼動しない可能性が大。


先ずは、生き残ってるスプリンクラーとホースで水遣りです。

13:29  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

2013.08.21 (Wed)

ホームオーナーの試練

家を買った直後からエアコンの水の出が悪いのが気になっていました。古いエアコンなんで音もかなりデカいし、時々、変なモーター音がして煩いので、近い将来交換するつもりでした。

数日前、カミサンがエアコンからピチャピチャ水が漏れるような音がすると言うので室内機が入っている棚の戸を開けてみました。

こんな感じで室内に漠然と設置してあります。
IMGP8748.jpg
この時は、上に乗っている箱(冷却コイル)の脇から水が垂れているだけだったので、見なかった事にしました。

そして昨晩、エアコンを切ったカミサンが、ジャーと蛇口から水が出たような音がしたと言うので、装置の下にある吸気孔のカバーを外そうとすると・・・、


ガーン




廊下のカーペットがジュクジュクに濡れています。中を見ると、装置の真ん中から水がボトボトと・・・。そして薄汚れたブルーの装置を発見。

こ、これはひょっとしてポンプ???
IMGP8747.jpg
condensate pump(復水ポンプ)なる物みたいです。

変なモーター音の正体はコイツで、恐らく故障しているんだと思います。

下に向かっている白いパイプは下水管に直結されているのだと思っていました。
IMGP8749.jpg
まさかポンプに接続されているとは!

ポンプから押し出された水は、銅管のように変色してしまったビニールチューブを経由して、天井裏を通って屋外に排出されるという事らしい。
IMGP8750.jpg
うーん、この方式、愚か過ぎて受け入れ難いです。


同僚に相談すると天井裏に装置を設置する手があるとか。でも、$6,000以上するらしいです。(号泣)



13:14  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2013.08.19 (Mon)

久々のSmog check

アメリカには日本のような高額な車検制度はありませんが、毎年登録料を支払っています。登録料は車の価値に比例するようで、年々安くなる(今年は新車時の半分)のですが、車が古くなるとSmog checkが課せられます。

購入して6年、とうとう来てしまいました・・・。
IMGP8742.jpg
認定の整備場の検査に合格すると証明書がDMVという車関連のお役所に送られます。

以前利用した所へ5年振りに行って見ると経営者がアジア人に代っていました。店員のオッサンは作業服も着ず煙草を吸いながら客の要望を聞き、咥え煙草でボンネットを開けています・・・。

最低のマナーですが、検査をするだけなのでそのまま列の後ろに並びました。私の番になってSmog checkをして欲しいというと中で待ってくれとの事。暫く待っていると、「ホンダ・オデッセイの人」と強いアクセントの英語で呼ばれました。

車の所へ行くと
「何時、トランスミッションのオイル変えた?水が混ざってるよ。皆知らないんだけど、ホンダの車は欠点があるんだ。今直ぐに変えないと壊れるよ。」

一年程前に代えたばかりだし、私に見せているオイルはエンジンオイルのゲージに付いた油。

「ん?ATFじゃなくてエンジンオイルの事言ってるの?」

というと

「ATF???」

何か胡散臭いし、こんな怪しい工場に車を触って欲しくないので、「ホンダに頼むからいい」と断りました。

とは言え、とても心配だったのですが、そのオッサン、後から来る客を毎回呼び出しては、ミッションオイルが・・・と言ってました。

うーん、ますます胡散臭い・・・。

13:47  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2013.08.15 (Thu)

鉢植えも引越し

鉢植えで引越屋さんに任せられない物は自分で運びました。

巨大になったトマトは、オデッセイの荷室に合わせ剪定。
IMGP8704.jpg
やっぱ、キュウリが一番大変だった・・・。

トマトもキュウリもオクラもそろそろお終いかなぁ。
IMGP8738.jpg
ユーハイムのクッキーみたいなヘンテコな奴も食べちゃいます。


さて、桃の樹はどこに植えようかな♪


12:57  |  Food  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2013.08.13 (Tue)

ちょっと隙間あり過ぎ・・・

かなりの隙間です。
IMGP8671.jpg
日曜版の新聞でも楽勝で入れられそうです。

日本のホームセンターでは隙間カバーなんて簡単に見つかりそうなんですが、アメリカにもあるのでしょうか?そもそも、英語で何て言うんだろう・・・。で、ドア売り場を歩いていると黒いゴム製の強烈な奴を発見。でもこんなダサい物を家の外に貼るのは嫌だなぁと。ん?アメリカのドアは内側に開くから内側に付けるのか!

無難な白い物が売っていたので早速ネジ止め。
IMGP8672.jpg


で、英語の製品名はすっかり忘れてしまいました。



12:28  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2013.08.11 (Sun)

換気扇を付けてみた

このキッチン、どこか変でしょ?

IMG_1989.jpg

そうです、換気扇が無いんです。日本人には信じられないのですが、アメリカには換気扇が付いてないキッチンは存在します。そして、換気扇が付いていてもフィルターを通った空気がそのまま室内に排気される恐ろしい換気扇もあります・・・。

なので、私がお願いした日本人の不動産屋さんは先ずキッチンの換気扇のダクトを調べるようアドバイスしてくれました。

購入した家には換気扇は付いていませんでしたが、幸いダクトは付いていました。
IMGP8629.jpg
ダクトを敷設するのはかなりの費用が掛かるのでラッキーでした。

いち早く普段の生活に戻す為、カミサンの調理に必要な換気扇の設置は急務でした。早速DIYの店で買いましたが、そこはDIYの国、照明用の電球は愚か電源コードも付いていません。

しかも、築41年の家ですから、キッチンが古くYoutubeの映像のように簡単には行きません・・・。
IMGP8665.jpg
木片を組み合わせてキャビネットにフィットさせます。

何度かDIYの店に行き、やっと取り付け完了。
IMGP8667.jpg
しかーし、ダクトが上手く繋がらない・・・。

まるで3次元のパズルのようにダクトを蛇行させやっと接続完了。
IMGP8675.jpg
ガムテープ代りに使っていたダクトテープというテープを初めてダクトに使いました♪

通電!
foodpic3843719.jpg
なかなかいいでしょ?



15:36  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)
 | HOME |  NEXT