2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.01.29 (Tue)

車の安全装備は有難いけど

昨年買ったCRVは安全装備が充実しています。

でも、この安心な筈の装備が時として邪魔な存在に。どうやら、僕の運転はホンダの安全運転基準には合格してないようで、車線変更の際には大概警告されます。何だか、この警告音に慣れてしまって肝心な時に無視してしまいそうで怖いです・・・。

この前なんか、フリーウェイのジャンクションのカーブを軽快に走行中している時に、オートハイビームがオン!衝突防止用の反射板が視界いっぱいに光り輝き、びっくり箱を開けてしまった時位、マジでびっくらこきました。(笑)

ま、それ位は良いですよ。困ったのはこれ。
18741982_10209316472054189_437925415_n.jpg
写真はネットから拝借。

冠水する程の土砂降りのフリーウェイを夜間に走行中、この仰々しい警告がインパネに表示されました。正直言って、ワイパーが雨に追いつかないような緊張した局面で、こんなにごちょごちょ書かれた表示は読めません。しかも、英語なので、チラ見程度ではなかなか頭に入って来ず、10度見位してやっと内容を理解しました。

音声で教えてくれると助かるんだけどなぁ・・・。


13:43  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2019.01.21 (Mon)

グリーンカードの更新

早いもので、グリーンカードを取得してもう少しで10年。有効期限の残りが半年を切ったので、更新の手続きをしました。

U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS)で更新の仕方をチェックします。オンラインで申請する為に先ずはアカウントを作成。その後、E-Filing Form I-90のリンクからログインしてガイダンスに従って情報を打ち込んで行きます。(プロセスの途中でAccount Numberを聞かれますが、更新の為に初めてアカウントを作ったせいか、Account Numberがアサインされてないようだったので、僕は無しで申請しました。)

家族全員が一度に申請できると期待したのですが、恐らく各人がアカウントを作成して個別に申請する必要があるようです。打ち込んだ情報は保存できるので、支払いの直前までの情報を保存した後、同じ日にBiometricsのアポが取れるよう連続的に短時間で家族分のオンライン申請をしました。一人当たり$540。痛い出費です・・・。

直ぐに入金の確認がEmailで送られて来て、同内容のLetterとBiometricsのアポの通知のLetterが申請してから10日程で郵送されました。アポは申請してからおよそ3週間後の予約となりました。

まぁ、移民関係のプロセスはすんなりと行かない訳で、新しいグリーンカードがなかなか来ないという話を良く聞きます。となると、もし、日本に帰国する時に新しいカードが送られて来ず、しかも、古いカードが失効したらどうすればいいんだろうか?という疑問が湧きます。で、調べてみると、その場合は、 I-551 temporary evidence stampをパスポートに押してもらえば、有効期間が延長されると。で、その為のアポはINFOPASSでオンライン予約できると。早速、ログインして予約を取ろうとすると、衝撃の事実が!

え?Los AngelesのオフィスではINFOPASSでは予約できない!

電話をしろと書いてあるので電話して待つこと25分。事情を説明すると、アポは有効期限の1か月を切らないと受け付けられないから、その時にまた電話をしろと。

一番最後に申請した僕だけアポの日が一日遅れに・・・。
IMG_3193.jpg
Biometricsのプロセスが無事に終了。




え?有効期限延長のステッカーをグリーンカードの裏に貼ってくれるのか♪




電話した時には教えてくれませんでしたが、何と期間延長のステッカーが貼られてる!!!Biometricsのアポの日から1年なので、半年前に申請した僕のケースは実際には半年の延長となりますが、首尾よく新しいカードが送られてくれば、パスポートにスタンプを押してもらう必要は無くなりました。

うーん、有効期限ギリギリまで待っても良いような気もしますが、USCISのプロセスは当てにできないので早めに申請した方が良いんでしょうね。

11:12  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2019.01.15 (Tue)

ゴム部品の保護

トラックの荷台に折り畳み式のカバーを付けているのですが、カリフォルニアの強烈な日光でジョイント部分のゴムが劣化するのではないかと心配です。

そこで、レビューの良かったこれを買ってみました。
IMG_2690.jpg
その名もAerospace 303!

まだヒビ割れとかはしてませんが、白っぽくなって来ました。
IMG_2692.jpg

塗布したらちょっと黒さを取り戻しました。
IMG_2694.jpg


Aerospaceの名に恥じない効果を期待します。


13:46  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (2)

2019.01.06 (Sun)

2019

あけましておめでとうございます。

元旦は、長女のお土産の利き酒セットでスタート。
foodpic8529904.jpg
どれも美味しいです。

毎年恒例の冬休みプロジェクト。って、去年の出来事ですが、棘を刺してしまったのはこの時でした。

4年程前に完成させたRetaining Wallが土砂の圧力のせいか、若干倒れて来ました。
IMG_2948.jpg

手前にあるブロックのRetaining Wallが一番安定していて強度もあるので、これを利用して補強する事にしました。

先ずは、ウッドデッキ用の金具と専用のボルトをポチッ!
IMG_2940.jpg

直前にHome Depotで材木を購入。
IMG_2935.jpg
ジョンというナイスガイが一人で棚から引っ張り出してくれました。

元々あった倒れ防止用の土台とブロックの高さが合わない・・・。
IMG_2951.jpg
端材をスライスしてシムを作成。

これで、倒れが治まれば良いのですが。
IMG_2967.jpg


本年もよろしくお願い致します。



07:00  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

2019.01.01 (Tue)

とげとげしい年の瀬

前日、仕掛けを作っている時に指に木の棘が刺さっているのを発見。材木を運んだ時に刺さったと思われますが、数日間、気付かなかった自分にちょっと失望・・・。

そして、2018年の釣り納め。
IMG_2974.jpg

夕方に日本から戻って来る長女に食わす魚を先ずはゲット!
IMG_2976.jpg


何匹か釣った後に鬼カサゴがヒット。サイズが小さい上、今は禁漁期間なのでリリースです。棘が刺さったら嫌だなぁと思いながら、左手でジグを持ちラジペンでフックを掴んでリリース。魚が落ちる瞬間、何となくヒレが右手の人差し指に当たったような・・・。念の為、毒を吸い出そうと刺さったらしき場所をチューチュー吸うと血の味がします。


やばい、刺さってたか!!!


直後に、ゾワゾワゾワ~っと、激しい痛みがフェードイン。
「最悪だ。病院開いてるかな?正月は寝込むのかな?魚おろせるかな?空港に迎えに行けるかな?・・・。」
物凄くブルーな精神状態に一気に突入。

一方で、
「いやいや、傷は浅い。刺さった感覚は無かったし、数秒後に毒を吸い出した。暫く、様子を見よう。」
という楽観的な自分。

取り合えず、竿を置いて様子を見ます。人差し指は激痛ですが、痛みが広がる気配はありません。暫くして釣友がやって来ました。聞いてみると、何回か刺された事があるとか。その体験談を聞き、楽観的な自分が優勢となり釣りを再開。

気分が乗って来ると、釣果にも反映されます。
IMG_2977.jpg

その内、キャストしても痛みを感じなくなりました。
IMG_2978.jpg

無事に2018年の釣り納め。
IMG_2979.jpg

今回は初めての鬼カサゴの毒だった事と、刺さった時に痛みも感じなかった位の軽傷だった事が幸いして釣りが続行できましたが、刺さりが深かったり、複数箇所であったり、アナフィラキシーショックに陥る重篤なケースもあるらしいので、適切な判断が必要かと思います。

いやぁ~、棘とtogetherなトゲトゲしい年の瀬となりました。

皆さま、良いお年を!

07:14  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)
 | HOME |