2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.07.20 (Tue)

イエローストーン旅行記:青い太陽

6月26日 (2/4)

8の字の下の円の9時の位置にあるMidway Geyser Basinを通り過ぎ、少し南にあるFairy Falls Trailの入り口に行く。ここからは家族が恐れていた、往復6マイル(約10キロ)のトレール。正直に言えば、メインの目的は滝でもなければ終点の泉でもない。飲み物をしっかり携えていざ出発!


何だ!!!虹色の蒸気を纏いオーラを放つこの巨大な泉は!!!!!
IMGP4257.jpg


丘の上から老夫婦が興奮して降りて来た。フフフ、私は何故彼等がこんなにも興奮しているのか知っているのだ。

「どうだった?」

「Amazingだ!君達は、絶対にあの景色を見るべきだ!!!」

もう、待ち切れません。
家族を急かして、丘のてっぺんへの急勾配の道を登ります。

後ろを振り返ると・・・

IMGP4267.jpg

正に絶景。このグラデーションの素晴らしさ!芸術です。
家族で絶句して暫く見とれました。

Grand Prismatic Spring
直径:90m
水深:50m
温度:70℃
湧水量:2100リットル/分
外側の温度が少し下がった部分はミネラルが豊富な為、バクテリアが生息しています。温度が下がるに従って緑→赤と色が変わります。中央部は高温なのでバクテリアは生息できませんが、可視光線から赤色光の成分を吸収する特性を持つ温泉の為、きれいなブルーに見えるそうです。


04:50  |  National Park  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

Comment

すごっ! 綺麗!

生で現物みたい!

飛ぶ込むにはちょっと温度が高すぎだね・・・ん~~残念だっ。
Joni |  2010.07.20(火) 08:14 | URL |  【編集】

Joniさん
綺麗でしょう?
流石のお笑い芸人でも無理な温度だね。
lce2 |  2010.07.20(火) 11:11 | URL |  【編集】

綺麗ですね!
この目で直接見てみたいです。

ちょっと大きな買い物をしそうなので、今年は行けるかどうか微妙になってきました・・・・・泣
Cimarron |  2010.07.20(火) 11:17 | URL |  【編集】

Cimarronさん
是非、見てください!
晴れた日の気温が上がる時間帯が綺麗に見えるようです。

おやーっ?何だろう?判ったアレかな?
我が家はまだまだです。
lce2 |  2010.07.20(火) 12:55 | URL |  【編集】

うわー,これは感動かも.写真ですらすごいんだもん,実際の光景,さぞや素晴らしいものだったんでしょうね.
温度高すぎだけど,温泉タマゴなら作れそう.
LiLA管理人 |  2010.07.20(火) 13:41 | URL |  【編集】

LiLAさん
私もこのアングルの写真を事前に見て、絶対に見てやると心に決めていました。後から登って来た若者が携帯で写真を撮ってたのが、可愛らしかった・・・。

温泉玉子、いっぱい茹でられますね!
って、計算しなくてもいいですからね。
lce2 |  2010.07.20(火) 15:02 | URL |  【編集】

lce2さん、楽しそうですね~!!
Trailを歩くの、すごく好きでした。
カヤックを漕ぎ進むのと、Trailを歩いて少しずつ景色を楽しむのと、何か似てませんか?

いつかまた、じっくり時間をかけて国立公園を自分の足で歩き回りたいです。
TOMO_M |  2010.07.20(火) 23:44 | URL |  【編集】

TOMO_Mさん
えー事言うわぁ。
国立公園は観光に行く所と思っていましたが、連れて行ってくれる人達は、やたら歩きたがって・・・。初めは、何で長時間運転してトレールまでしなきゃいけないんだ?と甚だ疑問でしたが、その素晴らしさに気付いてからは、知らぬ間に歩くようになってました。
lce2 |  2010.07.21(水) 05:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/162-f39fcd10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |