2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.08.23 (Mon)

釣った魚、〆てますか?

先日の“マグロ祭り”のラッフルくじでガマカツ製のナイフが当たった!
クジ運の悪い私にしては実に珍しい。(今年の運を使い果たしのかぁ?)

DSCF0878.jpg

ところで、釣った魚を食される方へ。あなたは、どっちですか? 

① 釣った後、死ぬのを待つ

② 釣った後、直ぐに殺す(〆る)

魚を〆るというのは、日本人が編み出した魚を美味しく食べる為の極意。動物愛護団体から残酷だと非難されるかも知れないが、食を追求するなら、生きている魚をこの手で〆なければならない。

例えば、白身魚であれば、血抜きをしてない魚は身がピンクで味も落ちる。最初は、エラを料理バサミで切るだけだったが、石垣島のshuさんの〆方を見て、更に拘ってみたくなった。とは言っても、生きてる魚の脳天を突くのは、正直かなりの覚悟が必要だった。

〆具なる道具を持っていないので、支点が壊れ分解してしまった料理バサミの先端を研いで使っていたが、行方不明に・・・。2代目の出来がイマイチな為、ナイフを買うかどうか思案していた所だったので、この景品は超ラッキーだった。

DSCF0879.jpg

肝心の刃先が力の方向からオフセットしているが、料理バサミと併用すれば十分に〆られる。shuさんによれば、“〆が決まると魚は白くなる”。最初は半信半疑だったが、この通り。同一種の異なる個体だが、下の魚は白く変色している。

DSCF0367.jpg

DSCF0016.jpg

美味しい魚が更に美味しくなり、魚臭さが減るのは確かだ。拘りたい方には、是非お勧めしたい。


08:59  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

Comment

こんちは!
見よう見まねで脳天突いてますが場所が合ってるかどうか分かりません。
白くなることも無いような…
がまかつのナイフ、めちゃラッキーでしたね(笑)
ストクラ |  2010.08.23(月) 20:45 | URL |  【編集】

魚の〆め方、ちょうど前回の釣行でキッチンハサミを失くして考えていた所でした。

がまかつのナイフ、いいですね~
カヤック刺さないように、まな板もぜひ!!
TOMO_M |  2010.08.24(火) 00:43 | URL |  【編集】

Hi, ストクラさん
偉そうに書いてますが、白くなるのは5回に1回位です。
石垣島の人みたいに必殺仕置き人のような仕事ができないので、口があんぐりするまで、ぐりぐり~っとやってます。
ガマカツだけに相当切れるだろうなと思いましたが、それ程でもないのが少し残念。
lce2 |  2010.08.24(火) 04:52 | URL |  【編集】

TOMO_Mさん
やっぱ、某研究所の〆具が良いんじゃないでしょうか?
多分、おでこに刺せばまな板は要らないかなと。殆どが石頭のロックフィッシュなんでテンプルに刺しても貫通しないです。(いいなぁ、青物・・・)
lce2 |  2010.08.24(火) 05:04 | URL |  【編集】

たまたま昔買った、折りたたみのステンレス製フィレッティングナイフを使ってます。薄いんでさびさびでも切れるし、しなるんで骨の間を探りながら刺せます。でも背骨は絶てません。そのときは横から脳天さしてますけど暴れないなら成功?ってな感じで適当ですわ。太平洋ではクーラーの中で出血させたいので、なおさら適当になってしまいます。
outback |  2010.08.24(火) 22:27 | URL |  【編集】

outbackさん
クーラーの中で?メーサーを考慮してのことですね?
私は、血が抜けるまでフィッシュクリップに通して海中に放り込んでます。
アザラシには狙われますが、メーサーはまだ見てないです。
lce2 |  2010.08.25(水) 04:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/188-8213d6b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |