2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011.02.18 (Fri)

大切な2週間でした。

一波乱ありましたが、何とか羽田に到着しました。冬の日本は7年振りです。

綺麗な朝焼けに少しだけ心が和みます。
DSCF1266.jpg

ロサンゼルス空港を夜の12時に発って15時間。雪の残る故郷に降り立ちました。市内にある実家には寄らず、空港からバスで一時間。更にタクシーに乗り病院に向かいます。

病室のドアを開けると、そこには、チューブとワイヤを付けられた父が寝かされていました。朦朧とした意識の中でも私が来た事が分かったらしく、顔をくしゃくしゃにして父は泣いていました。その瞬間、ここまでどうにか抑え込んでいた感情が一気に解放され、嗚咽と共に涙が流れました。

脳梗塞。去年の9月に続き2度目です。今回は症状が重く、主治医の先生の判断で、直ぐに戻るよう言われたのでした。先生からは、脳内出血と肺炎により生命が危険に晒されるリスクが高いと説明され、脳死状態になった時に人工呼吸器を付けて延命するかどうかを家族で決めて置くよう頼まれました。

夕方になって病室に父母を残し、雪が降る中一人でホテルに向かいます。覚悟をしていたとは言え、悲しくて寂しくて・・・。ついつい後悔の念で頭がいっぱいになりますが、父はまだ生きているのです。良くなってくれると信じて、父の支えになろうと翌日から看病を始めました。

不思議な物で、手を握り何度も話し掛けたのが功を奏したのか、父の病状が改善しました。もちろん、主治医の先生の治療による所が大きいのですが、特に出張だった弟が来てからは目に見えて回復してくれ、家族の力が大切であることを実感しました。

幻覚や幻聴から解放され正気に戻った父は、私の事を気遣いますが、こんなに長く一緒に居るのは久し振りだと嬉しそうでもありました。私がアメリカに戻る日、座れる程に回復していましたので、出発の時間になると起き上がってくれました。ところが、別れの言葉を交わす前に壁の一点を見据えベッドに座ったまま父が泣きます。泣かないで爽やかに別れるつもりでしたが、父の肩を抱き私も泣きました。

DSCF1283.jpg

この2週間、私にとっても父にとってもかけがえのない時間でありました。


15:50  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

Comment

すみません、もらい泣きしてしまいました。
うちの親だって永遠に健康なわけないんだよなあ。
チョッコー |  2011.02.18(金) 20:41 | URL |  【編集】

すみません。。
私も泣きました。。
普通に生活できていることが、、幸せなことなんですよね。。そのことを思いださせていただきました。。ありがとうございます。。Kei
Kei |  2011.02.18(金) 22:20 | URL |  【編集】

チョッコーさん
皮肉なもので、こんな事でもなければ仕事を2週間も休んで、自分の家族からも離れて親と一緒に過ごす事はありません。父と二人だけで同じ部屋に寝るなんて20数年振りでした。
失う事も多かったのですが、貴重な時間を過ごせました。
lce2 |  2011.02.19(土) 05:45 | URL |  【編集】

Keiさん
私も普通に暮らせている事の有り難さが身に染みました。同時に、父が入院して初めて、病人を抱える家族の苦悩が少しだけ理解できました。
lce2 |  2011.02.19(土) 05:58 | URL |  【編集】

2週間で座れるようになったのね。お父さん凄いじゃない。家族の愛だわ。
あきらめちゃ駄目よ。
絶対歩けるようになって退院するって信じててね。
気持ちは絶対伝わるよ。
Joni |  2011.02.19(土) 14:36 | URL |  【編集】

Joniさん
ありがとう!
実は、先生もびっくりの回復なんだよ!
全く動かなかった右手が動くようになって、リハビリが如何に大切で、諦めない気持ちが如何に大切なのか分かりました。
lce2 |  2011.02.20(日) 00:33 | URL |  【編集】

お父さん、大変でしたね。 また、こころより今後のご回復をお祈りいたします。カヤックとか出て日の出見たときも祈っておきます。 うちの母も一月に10分ほど早朝気を失ったのでてっきり脳梗塞と思いましたがなんでもありませんでした。 が、人間なんて・・・。いつどうなることやらわかりませんよね。 元気なうちに親孝行したいと思う歳になってしまいました。
kamo |  2011.02.27(日) 20:12 | URL |  【編集】

kamoさん
ありがとうございます。
お母上、心配ですね・・・。

そうですねぇ。そんな歳なんですよねぇ。
なのに、両親が元気だとついついそれに甘えてしまうんですよね。
lce2 |  2011.02.28(月) 09:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/346-9654b236

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |