2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.03.12 (Fri)

Hobie Revolution

DSCN3006.jpg

やはり、釣り人としては、Hobieの誘惑には勝てなかった・・・。確かに手漕ぎのカヤックより高いのだが、シートもパドルもラダーも最初から付いているので、考えようによってはそんなに高い買い物でもない。写真には、付属のシートが映っているが、今はTrident用に買った物をわざわざ付けている。Ocean kayakの安っぽいシートと違い、しっかりした作りなのだが、私の腰にはフィットしないのだ。ちなみに、ここが、King Haborのポンツーン(浮き桟橋)。桟橋のエッジにはゴムが取り付けられているので、上げ下ろしの際にカヤックに大きな傷は付かない。

長所
成形も綺麗だし、良く考えられて設計がされている。発売後も継続的に改良が加えられているのも好感が持てる。とにかく速い。横波を食らった時に足ヒレを垂直にしたまま止めて置けば、フリップし難いのではと思っている。両舷に付いているネットカバー付きのポケットは、小物を十分に収納できる。下に書いた短所の行数の方が多いので信じてもらえないかも知れないが、本当に気に入っている。

短所
Tridentのように波をかわす事ができない。引き波がバウからドバーッと入った事もある。その場合は、足元の水は瞬時にMirage Driveが装着されている大穴から排出されるが、シート下のスカッパーを閉じていると、ここの窪みの水は何時間経っても排出されない。ひょっとすると、水遊びなんだから、濡れてもいいでしょう?という発想なのかも知れない。Mirage Driveを反対向きに付け直さないと後進できないので、前進している時にブレーキは掛けられない。同行者のカヤックに接近しなければならない時に必ず衝突してしまうので、仲間からはシーシェパードと恐れられている。ケルプ(海藻)のような障害物が足ヒレに絡むので、岩礁周りを攻めるのは非常に危険。CA沿岸で操業する場合は注意が必要。

カヤックが水を切る音だけが聞こえるでしょう?これ、Hobieだけです。


08:32  |  kayak  |  Trackbacks (0)  |  Comments (0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/36-b25e7a66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |