2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.07.01 (Fri)

アメリカ製って頑丈なのか弱いのか・・・。

コールマンのクーラーボックスは、頑丈で良く冷えます。キャンプとか、長旅はもちろん、釣った魚の冷蔵庫としても重宝しています。

ところが、難点が一つ。このプラスチックのヒンジ・・・。
IMGP6119.jpg
パッキリと逝ってます。

無くても致命的ではないと思いましたが、eBayで取り寄せました。
IMGP6123.jpg
ペアで、送料込み$7。

アメリカ製って、構成部品の大半はとても頑丈なんですが、ちょっとした所が弱かったりしません?

11:10  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

Comment

e-bayは、なかなか役に立ちますよね。。
先日、私も、洋服を購入しました。。。
日本へ戻ってきてからも、、結構よく利用しています。。Kei
Kei |  2011.07.01(金) 12:34 | URL |  【編集】

へ~、そんな細かいものまで部品を購入できるんですか~。ということは・・・よく壊れるということなのかな^^;買う人がいるってことですものね?コールマンのクーラーボックス、日本の家においてあります。買出しの時に持って行く用ですが、便利ですよね。
Sanae |  2011.07.01(金) 16:25 | URL |  【編集】

コールマンのサイトに行くとリペアーパーツが細かく案内されていますね。
http://www.coleman.com/coleman/parts/Productimage2.asp?product_id=hinges
Cimarron |  2011.07.02(土) 08:43 | URL |  【編集】

Keiさん
ちょっと前は、eBayが一番安かったりしたんですが、最近は、Amazonも頑張ってますね。
lce2 |  2011.07.02(土) 09:13 | URL |  【編集】

Sanaeさん
この部品、普通に考えて絶対に長持ちしません。
ひょっとして、これで儲けてるとか・・・。
lce2 |  2011.07.02(土) 09:20 | URL |  【編集】

Cimarronさん
日本のウェブは凝ってますよ。
http://www.coleman.co.jp/customer_support/parts_catalog11-08/coolerjug/#page=9

でも、1000円もします・・・。
lce2 |  2011.07.02(土) 09:24 | URL |  【編集】

lce2さん

なるほど日本人を相手にするにはこれくらいやらなければならないんですかね。

明日から2泊3日で家をはなれます。
Cimarron |  2011.07.02(土) 14:25 | URL |  【編集】

コールマンのクーラー、10数年前のキャンプ流行期に アイスバスケットというのを買いました。
あの当時は べらぼうに高かったんですが、ホームセンターの安物クーラーと比べて冷えが数段上だった記憶があります。
ただ、今は釣りメーカーのクーラーに満足してるんで 手が出しにくいですねぇ (笑)
キャンプを再開したら欲しくなるんでしょうが・・・ (笑)
big-bud |  2011.07.03(日) 00:27 | URL |  【編集】

Cimarronさん
お気を付けて。
私は、腰痛で今朝早朝、出漁を断念しました・・・。(涙)
lce2 |  2011.07.03(日) 01:10 | URL |  【編集】

big-budさん
皆さんのブログを見てて思うんですけど、釣具メーカーの物は作りが良さそうです。(値段も良さそうですが・・・。)
ちなみに、コールマンと言えば、高級なイメージがあったんですが、こっちでは庶民的なブランドです。
実は、日本に居た頃、この会社の日本法人に転職を試みたんですが、英語力が無い事を理由に断られました。
(一方、アメリカに駐在して来いと言う会社もある訳ですから、世の中不思議です。)
lce2 |  2011.07.03(日) 01:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/410-f72d3f7b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |