2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.07.13 (Wed)

野良犬

3年程前、やせ細った2匹の黒犬がウチの近所に出没するようになりました。首輪を付けているのですが、警戒心がとても強く、反抗的な目をしていて、やたらと吠えます。彼等は、住宅地を東に移動しウチの近所に到達したようですが、行く先々で問題を起こしていました。多分、野良犬に餌をやるのは禁止されていて、見付けたら保護施設に電話をするのが筋なのだと思うのですが、恐らく苦情が既に寄せられているだろう彼等が保護されれば、殺処分になり兼ねません。電話をするつもりは毛頭無かったので、去ってくれるまで待つことにしました。

ところが、そんな厄介者の彼等が向かいの家に居付いてしまったのです・・・。ついでに我が家も彼等のテリトリーになってしまい、私達家族には吠えなくなったのは良かったのですが、お客さんを威嚇するので、とても迷惑してました。

そんな或る日、少し発想を変えて考えてみました。彼等は我が家に取って、防犯上とても貢献しているのではないか?これは、感謝しなきゃいけないのかなと。そう思うと、段々と可愛く見えて来るので不思議です。一方、近所には、この犬達を良く思っていない人も大勢居る訳で、保護局に通報され係官が何度も捕まえにやって来ました。しかし、犬達は非常に賢く全然捕まりません。終いには、捕まるなよと応援する自分が居ました。

我が家は、敢えて餌を与える事も可愛がる事も全くしませんでしたが、黒犬達は、すっかり優しい顔になりました。一方、それとは裏腹に彼等の忠誠心も顕著になり見知らぬ人への威嚇はエスカレートして行きます。そして、それはますます彼等の立場を危うくする事になりました。

数ヶ月前、お別れの日は突然やって来ました。彼等がとうとう捕まってしまったのです。噂では、引き取る事も許されず殺処分されたそうです。正直飼ってやりたいと何度も思いましたが、大家にペットを禁止されているので、その為に引っ越す訳にも行きません。無責任な飼い主を責めるしかないのでしょうが、規則や自分の事情で、黒犬達と当たり障りの無い付き合いしかできないかった事に対する後悔もあり、実に後味の悪い結末になってしまいました。

kuroinu.jpg


もし、犬を飼う事ができるようになったら、シェルターから引き取りたいと思っています。



11:44  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (12)

Comment

昔は野良犬引き連れて学校に行ったもんですけどねー。
犬を飼うようになって、なぜか県内の動物保護センターのHPをチェックするようになってしまいました。
先日保護されたフェレット(おそらくメス)はまだ飼い主が現れていません。
チョッコー |  2011.07.13(水) 14:34 | URL |  【編集】

ワンちゃんたちの気持ち、、、わかりますね。。
人間が勝手に飼ったのに、、、
人間の無責任さがゆえに、生きるためにそこに住みついて、、、人間不信。。。
きっと、ワンちゃんには、、、
Ice2さんの応援する気持ちが伝わっていたのかもしれませんね。。。Kei
Kei |  2011.07.13(水) 16:22 | URL |  【編集】

ちょっぴり切ないお話でしたけど、lce2さんのご家族の気持ちが犬達にも伝わっていたのですね、きっと。

犬だけでなく人間も含めて生き物って、無意識だとしても送られてくるものをキャッチして、好意・敵意が生まれてくるような気がしますね。

街のほかの人々も皆が、「捕まえる」という気持ちでなく、「保護して新しい飼い主を探してあげるよ」という気持ちを送っていたら、、、なんて思ってしまいました。

飼いたくても飼えないもどかしさは私もよく分かります。
Sanae |  2011.07.13(水) 16:59 | URL |  【編集】

ウチにもワンコが居ます。
動物保護センターで子犬の頃 貰い受け、もうじき14歳です (人間の年齢で70歳らしいです、じいさんです)
lce2さんのように、動物に対して慈愛の心が有る人が飼うと、犬(または猫など)も幸せなんですがねぇ。
ちなみにウチのワンコ、食事以外のオヤツを与える役 のワタシの顔を見ると、ヨダレ垂らして舌なめずりします (笑)


big-bud |  2011.07.13(水) 21:52 | URL |  【編集】

チョッコーさん
私の子供の頃の野良は野犬という感じで、怖い思いを良くしました。
偉そうに書いてますが、実は今まで一度も犬を飼った事が無いんです・・・。
lce2 |  2011.07.14(木) 11:58 | URL |  【編集】

Keiさん
手を上げたり、長いものを持つと物凄く怯えたので、何か怖い体験をしてたようです。
この動作、釣りの片付けの時に良くやるんですよね・・・。
lce2 |  2011.07.14(木) 12:01 | URL |  【編集】

Sanaeさん
何かが送られてるのは間違いないと思います。
犬が苦手だった頃は、どの犬もなかなかなついてくれませんでした。
例えば↓
http://lce2.blog41.fc2.com/blog-entry-50.html

通報する人は、野良犬がウロウロするとコミュニティー(自分の家)の価値が下がるから通報するんですよ。フロントヤードの手入れをしないと同様に文句を言いますからね・・・。
lce2 |  2011.07.14(木) 12:17 | URL |  【編集】

big-budさん
14歳って凄い高齢ですよね。きっと、大切に育てられてるんですねぇ。
なんせ、犬も猫も飼った事がない人間なんで、どうやって動物に接したら良いかが分からなくて・・・。
でも、こっちに来て、或る犬と友達になれてから、やっとこさ犬と仲良くなれるようになって来ました。

lce2 |  2011.07.14(木) 12:26 | URL |  【編集】

野良犬・・・
昔~し中学生時代に野犬を隔離しているコンクリート製の建物が人目につかぬ河川敷にあって、捕獲された犬たちが収容されていました・・・・
毒殺されるのは分かっていますが、給食の残りのパンや牛乳を投げ入れてました。
空腹で死んでいくのは忍びないと思ったので、今思えば小さな抵抗でした。
Cimarron |  2011.07.14(木) 14:08 | URL |  【編集】

おはようございます~。犬命救助のお話、今読みました!見た目の後ろに隠れた、ピュアなものを見抜くのでしょうね~。でも、lce2さんの呼びかけがすべての結果なので、前回も今回もひとつの通過点として、そのうち素晴らしい犬との出会いがきっとありますよ~♪もう犬、大好きになっているでしょう?^^
Sanae |  2011.07.14(木) 16:38 | URL |  【編集】

Cimarronさん
少年時代の切ないセピア色の思い出ですね。
残念ながら、ペットの問題は今後も解決しそうにないですね・・・。
lce2 |  2011.07.15(金) 10:25 | URL |  【編集】

Sanaeさん
おはようございます。
犬、可愛いですね。知人宅に招かれた時に、寄って来てくれるようになったのがとても嬉しいんです♪
時々、「どんな犬を飼うのかなぁ?」なんて少年の頃のように思いを馳せてます。
lce2 |  2011.07.15(金) 10:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/412-fbf59711

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |