2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.01.22 (Sun)

ミーティング中に起こっていた事・・・。

おとといの朝、

「ミーティングを行うので、直ちに食堂に集まりなさい。」

と、HR(総務課)からメールが来ました。直後にディレクター(部長)が巡回して、食堂に急ぐよう呼び掛けます。

レイオフ(解雇)の話でした。

「食堂に呼ばれなかった人は、今、各々の席で荷物を集めている。職場に戻って、彼等がまだそこに居たら、どうか敬意を持って見送ってあげて欲しい。」

昨年、私が勤める事業所は目標を達成することができず、マイナスになった分の人を切るよう、本部から通達されたようです。重い足取りで職場に戻ると、同僚の何人かが、部長クラスに監視されながら段ボールに荷物を詰めています。一般的に、企業の情報を持ち出されないよう、解雇は直前になるまで本人には伝えられず、極短時間で荷物をまとめ、会社の外に追い出されます。動揺を隠せない状態で箱詰めをしている同僚を見るのはとても辛く、とても恐ろしい光景でした。

普段からパフォーマンスが悪い人がクビになるのは致し方ありませんが、キッチリと業務をこなしていた優秀な人材が解雇されたのは、大変ショックでした。私は幸いにも解雇というような屈辱を味わったことがありません。もし、レイオフされたら、自分をコントロールする事ができるかどうか。家族に事実を伝えなければならない同僚の気持ちを考えると、とても辛いです。


05:16  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (20)

Comment

新年早々レイオフされた方々は大変ですね・・・・

某日系マーケットで人事の仕事をしている知り合いがいますが、仕事とはいえレイオフを口頭で通告するのが一番辛いそうです。

私も明日の事は分かりません、なるようになるしかないですよね。
Cimarron |  2012.01.22(日) 10:44 | URL |  【編集】

これは残れた立場からもかなりきつい話ですね.
解雇される社員を,その日の朝から職場に入れないという場合もあるそうです.一切自分で触らせず,雇用側が私物だけをダンボールに入れて渡すんだとか.
それにしても優秀な人まで解雇してしまうとは,一体どういう判断基準だったんでしょう.
LiLAくま |  2012.01.22(日) 13:27 | URL |  【編集】

これはまた・・・。
残るほうも去るほうも複雑ですね。

送別会とかどうするんでしょ?w。
チョッコー |  2012.01.22(日) 21:08 | URL |  【編集】

Cimarronさん
実はですね、解雇された人の半数以上はアジア人なんです。彼等にとっては、旧正月前の大切な時期に重なってしまいました・・・。
lce2 |  2012.01.23(月) 01:31 | URL |  【編集】

LiLAックマさん
職場に入れないケースもあるんですか・・・。
恐らく、給料が良かったんでしょうね。下手にプロモートされない方が身の為なんて思っちゃいます。
ノギスとマイクロメータが分からなかったフリオ・イグレシアスは、解雇されても仕方なかったんですけどね・・・。
lce2 |  2012.01.23(月) 01:41 | URL |  【編集】

チョッコーさん
送別会どころか、さようならを言う時間も無い場合が殆どです。極端に言えば、警察が誰かを連行する様子に似ています。席が近かった同僚はハグして送り出す事ができましたが・・・。
送別会として複数人で集まってランチを一緒に食べる事が多いんですが、それは自分の意志で転職する人の場合です。転職しちゃう人に送別会があって挨拶もできるのに、解雇された場合は何も無い。釈然としませんね。本人が了解すれば、近い内にランチをする可能性もありますけどね。
lce2 |  2012.01.23(月) 01:53 | URL |  【編集】

解雇された半数以上はアジア人ですか・・・・
今夜はチャイニーズニューイヤーの大晦日なんですよね。
そんな日曜日にも働いている自分はいったい幸せなんだろうか?今日は早く帰ろっと。
Cimarron |  2012.01.23(月) 04:31 | URL |  【編集】

Cimarronさん
こういう事がある時は、仕事があって良かったって思うんですけどねぇ。
lce2 |  2012.01.23(月) 12:59 | URL |  【編集】

ずいぶんとショックなことがありましたね・・・。

アメリカの友人からのクリスマスカードに、希望退職で嬉々としてリタイヤしたご主人が、結局会社からもう一度声がかかり職場復帰したと書かれていました。これは逆の出来事ですが、珍しいような気がして驚きました。いろいろなケースがありますね。。。

皆さんに新しい良い仕事が見つかりますように!
Sanae |  2012.01.23(月) 12:59 | URL |  【編集】

そうですよね、仕事がある時に働かないととキリギリスになりますよね、でも家族と過ごす時間を考えると忙しいのも悩ましいです。
Cimarron |  2012.01.23(月) 14:22 | URL |  【編集】

追い出し解雇って、きびしい方法なんですね。
組合に守られた雇われ会社員の多くの日本人(ワタシもですが・・)から見たら、恐ろしい・考えたく無い現実ですわ。
くわばらくわばら。
(クルマがぶつけられ、ワタシもクルマも凹んでます・・涙)
big-bud |  2012.01.24(火) 02:05 | URL |  【編集】

今日の経済状況では致し方ない0会社の決断だと思われますが、本来、解雇しなくてはならないのは上の人間なんです。でも決断するのが上の人間だから下が切られる。全く不に落ちないですよね。
そんな幹部と一緒に仕事をしていると感覚が麻痺して何が本来の姿かわからなくなって怖くなる時もあります。
本心をぶちまけたいと思う反面やはり仕事は失いたくない気の小さな自分です。

Joni |  2012.01.24(火) 03:45 | URL |  【編集】

Sanaeさん
大きい会社だと、レイオフの場合も間を置いてから再雇用という事は、結構あるらしいですよ。
本人のパフォーマンスに問題が無い場合は、再雇用するかもって事がレターに書いてあるとか。
lce2 |  2012.01.24(火) 12:23 | URL |  【編集】

Cimarronさん
日本に居た時は、仕事が忙しくてもやり甲斐はありました。こっちに来て、毎朝娘を学校に送って、毎晩夕食を家族で食べる生活になりましたが、仕事のやり甲斐は実はイマイチだったりします。
もちろん、今の環境の方が気に入っていますけどね。
lce2 |  2012.01.24(火) 12:29 | URL |  【編集】

プロのスポーツ選手なみの扱いですね。
実力あるのにレイオフされるのは、スポーツ選手以上に厳しい環境なんでしょうか?
まったくドライな労使関係。
米国ですなぁ~。
nobu |  2012.01.24(火) 12:32 | URL |  【編集】

big-budさん
あの日は、月一回のお誕生日会の日でした。
「ケーキとアイスでお祝いしますよ~♪v-274
というメールが全員召集メールの直前に担当の女性から送られて来たんですが、実は、この女性、そのメールを全員に送信した直後に解雇されたのでした・・・。(怖っ)

ところで、怪我はされてないんですよね?
元気出してくださいね!
lce2 |  2012.01.24(火) 12:46 | URL |  【編集】

Joniさん
日本に居た時は、上司に噛み付いても査定が悪くなるだけでクビになる心配はありませんでしたが、こっちだと上とArgueしちゃうとクビにされかねませんから。
こっちに来て自分の身を守る為に泣く泣くボスに従う“Nice”な社員になった気がしています。そう、私も立派な小心者です!
lce2 |  2012.01.24(火) 13:18 | URL |  【編集】

nobuさん
技術屋として、自分の技術が錆びて来たら仕方ないなぁと思っていますが、その前にバッサリやられそうで怖いです・・・。明日は、解雇された同僚の一人とランチをします。我々との食事に応じてくれるのならきっとポジティブで居てくれている筈。
lce2 |  2012.01.24(火) 13:27 | URL |  【編集】

解雇=屈辱と考えるのは彼らに失礼ですよ~。不運だった、もしくは会社と相性が悪かっただけですよん。私もアメリカの現地企業で、即日解雇された経験があるのですが、涙を見せるどころか(私は女性)こちらがセイセイした顔してたら向こうは驚いてましたね(笑)。

会社の為に働いたあげくに使い捨てにされる人生はまっぴら御免ということで、今は自営業で孤独だけど気楽に生きてます。
よし |  2012.01.25(水) 12:25 | URL |  【編集】

よしさん、はじめまして。
解雇された状況や携わっていた仕事に対する情熱によって受け止め方が違って来ると思いますが、こちらの人のポジティブな考え方には学ぶ所が多いです。
lce2 |  2012.01.25(水) 13:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/526-eddfffbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |