2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.02.03 (Fri)

レイオフ後のランチ

先週、2回に分けて、レイオフされた同僚とランチをしました。

ウチの部署からは5人もレイオフになり、30人弱でランチです。
IMG_20120127_123936.jpg

皆、快く招待を受けてくれて笑顔も見えます。予想通り、直球の質問がポンポン飛び交い、レイオフの時の状況や残っていた休日の扱い、プラスαで払われた最後の給料、失業保険の金額等、ざっくばらんに教えてくれて、色々と勉強になりました。(明日は、我が身ですからね・・・。)

新卒で採用された20代の同僚は、相当ショックだったようで元気がありませんでした。殆どの人が数回のレイオフを経験しているようでしたが、この時期に次の職が見つかるかどうかとても不安なようで、別れ際には暗い表情を見せる人も居ました。別の部署では解雇を告知された瞬間に心臓発作で倒れてしまい救急車で搬送されたり、親御さんが危篤で休みを取っていた日に解雇されてしまった不憫な人がいた一方、リタイアするかどうか思案していた人にとっては、「良いディール」になったそうです。


ボスが教えてくれました。

人脈が大切。
レイオフされたら「仕事ある?」って電話しまくれ!


(うーん。電話番号少な過ぎ・・・。)



12:47  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (14)

Comment

人脈って大切だなと私も思います。私も結婚後に得た仕事はすべて人から紹介していただいたものばかり。引越しが多いので長期勤務は難しかったにも関わらず、必要な時にはいつも、短期のお仕事を良いタイミングで教えてもらえて、友人やイトコには感謝感謝です。

それに、人脈って必ずしも仕事の付き合いだけが仕事につながるってことでもありませんよね。日ごろの仕事と全然関係のないお付き合いの中から、ふとしたきっかけでお仕事に結びつくことも多かったり。

ご同僚の皆さまも良い出会いと新しいお仕事が早く見つかるといいですね^^
Sanae |  2012.02.03(金) 12:58 | URL |  【編集】

明日はわが身??

考えさせられます・・・・
Joni |  2012.02.03(金) 17:59 | URL |  【編集】

数回のレイオフ・・・。

アメリカの方々はタフですねー。
18歳から同じ会社に通っている私とは鍛え方が違うんでしょう。
チョッコー |  2012.02.03(金) 22:51 | URL |  【編集】

仕事の業界は違いますが、いつでもお電話お待ちしています。
Cimarron |  2012.02.03(金) 23:19 | URL |  【編集】

先日、定年退職の方のお見送りが有りましたが、そういった目で見たら平和なんでしょうねぇ~。
仕事で生き残りを賭けるサバイバルゲームって、ぬるま湯に浸かってるワタシには考えたく無い現実ですわ(汗)
最近じゃ、イエスマンに変身してます(恥)
big-bud |  2012.02.04(土) 07:35 | URL |  【編集】

最近アメリカ映画(Up in the Airなど)で立て続けにレイオフの場面を見ました。
映画の中では解雇を言い渡す専門の会社があるようでしたが本当にそうなんですか?
怖いことです。
ねじろう |  2012.02.04(土) 11:50 | URL |  【編集】

数回のレイオフを経験しているという所がすごいですよね.精神が強くないと生きていけなそう.
リタイア生活をエンジョイできる身分になりたいです.
LiLAくま |  2012.02.04(土) 11:57 | URL |  【編集】

Sanaeさん
人と人との繋がりは大切ですよね。
Sanaeさんが書かれているのは、縁って言った方がいいかも知れませんねぇ。
何かの縁って結構あります。
lce2 |  2012.02.04(土) 11:57 | URL |  【編集】

Joniさん
大丈夫、大丈夫。
Joniさん人脈広そうだもん!
lce2 |  2012.02.04(土) 11:59 | URL |  【編集】

チョッコーさん
皆さん、色々と転職を経験してて、自己紹介の時に
「A社で何年、B社で・・・」
なんて経歴を話す場合が結構あるんです。

私も日本から来たと話しますが、何年勤めたかまでは言いません。でも、良く質問されるんですよ。

「22年」

と答えると、皆、激しくびっくりします。
lce2 |  2012.02.04(土) 12:10 | URL |  【編集】

Cimarronさん
その時が来たら宜しくお願いしま~す!
(朝、起きられるかな・・・。)
lce2 |  2012.02.04(土) 12:12 | URL |  【編集】

big-budさん
私が日本で勤めていた会社は、数回の希望退職を実施しましたが、回を重ねる毎に希望者が減り、結局レイオフと変わらない状態になってしまいました。突然バッサリやられるけど、労働市場の流動化が日本より良好なアメリカと、転職が難しい日本。どっちもどっちな気がしている今日この頃です・・・。
lce2 |  2012.02.04(土) 12:21 | URL |  【編集】

ねじろうさん
聞いた事はないですが、そんな会社が本当に実在しそうですねぇ・・・。ちなみに日本で体験した希望退職のプロセスには明らかに専門の会社が絡んでました。ノートパソコンを見ながら管理職が棒読みで説明したんですけど、台本があると言ってました。
lce2 |  2012.02.04(土) 13:12 | URL |  【編集】

LiLAックマさん
業績悪化により部門ごと無くなってしまい解雇されたというケースが殆どのようです。次々と起こる企業買収や部門の閉鎖を見るにつれ、アメリカではプラスチックの食器や紙のお皿のように会社も使い捨てなんだなぁと思ってしまいます。
lce2 |  2012.02.04(土) 13:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/531-0480589c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |