2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012.02.28 (Tue)

シャープEL-509Aの電池交換

27年間、動き続ける電卓という記事を書いてほぼ2年。私のEL-509Aは、即ち、29年間動き続けています。

実は、この電卓を検索されてこのブログに来られる方は結構いらっしゃいます。皆さん、何で電池が切れないんだろうと不思議に思っているのではと想像しています。

先日、みねちゃんさんから、電池の交換方法が不明・・・というコメントを頂き、早速調べてみました。

うーん。やっぱりネジが見当たりません。
IMGP7154.jpg
PUSHという文字が見えますが、押しても開かない・・・。

押さえて破壊してしまいそうなので、仕方なく、白のプラスチックのケースと表側のケースの隙間にマイナスドライバー等の平たい物を入れ、両者を優しくゆっくりと外して行きます。

内側にあるプラスチックの爪で固定されているだけ。
IMGP7160.jpg

こんな感じでケースが取れます。
IMGP7161.jpg

これが、29年現役のLR44電池。
IMGP7162.jpg
シャープさん、えー仕事してます!


15:13  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

Comment

電卓って消費電力がもともと低いのですかね???

それに、電池って入れっぱなしでも変なになったりしないんですか???それも不思議。違う形の電池ですが、壊れたものを処分しようとして電池を抜こうとしたら、そもそも電池がへんちくりんなことになっていた・・・というものがあったけど、それは10年も経っていなかったんだけどなぁ。

本当にすごい!!
Sanae |  2012.02.28(火) 15:23 | URL |  【編集】

Sanaeさん
電卓の消費電力は、微々たるもんだと思います。
放電して電池は弱る筈なんですけど、回路の設計が良いんですかねぇ。
復活して欲しいです、シャープ・・・。
lce2 |  2012.02.29(水) 11:40 | URL |  【編集】

裏蓋全体がひっかけてあったんですね.こういうのは開く時に「バキッ」っと行ってしまいそうで怖いです.実際ノートパソコンでやっちゃったことあるし.
僕の骨董電卓は,電池ボックスの蓋が付いていますよ.交換した時,微妙に電池のサイズが違ったらしく,未だに接触不良してます.裏側から微妙な指加減で押さえるとスイッチが入ります.

LiLAくま |  2012.02.29(水) 14:31 | URL |  【編集】

LiLAックマさん
心臓に良くないですよね、パッチンは。
最高に緊張したのは、オデッセイのインパネを外した時でした・・・。

蓋付きというのは親切設計ですよね。
私の奴は廉価版。
電池交換するのは極少数と判断してこういう設計になってるんでしょうね。
ま、長持ちしてるんで全然問題無いですけど。
lce2 |  2012.03.01(木) 13:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/554-7e514e91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |