2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.04.05 (Mon)

0403 Redondo 2回目釣行

本日は、カヤックダイバーのお二人との釣行。
このダイバーさん、巨大な伊勢海老やアワビをくれる、有り難い方達なのだ。

桟橋に着くと、黄色いコブラが置かれていた。すると、ウェットスーツを着た長身の白人のおばちゃんが、

「あら、邪魔になったでしょう、直ぐに出るから。」と言いながら現れた。

カヤックを始めたばかりだそうで、私のパドル(今日は、カマノを持って来ていた)に興味津々。見たいというので、貸してあげると軽くてビックリしている。彼女のカラフルなパドルはどう見ても安物。なんで、これにしたのか質問されたので、グラスは柔らかいから漕ぎ易い。でも、このパドルはグラスのくせに軽い。「僕の手は大きくないので、Small shaftなんだ。」と手を比べると・・・。おばさん、手でか過ぎ・・・。(ま、身長も180はあったからね。)

ほぼ干潮だったため浮き桟橋は下がり切っている。カヤックを浮かべ桟橋から乗り込んだ直後、流れ込んで来た海水が、カヤックを持ち上げ、桟橋に押し付ける。が、前方に付けているバーの先端が桟橋の下に潜り、1/4フリップ・・・。海水を掬ってしまい、ケツの下に流れ込んでしまった。こうなると一日中海水は抜けないので、再上陸して艇を傾け排水。ケツが濡れて気持ち悪い・・・。

ダイバーさん達の出航は遅いので、出発。

Starry Rockfish:少し小さいのでリリース
DSCF0225.jpg

またもやStarry Rockfish。サイズがアップしたので、キープ。
DSCF0227.jpg


通称エビダイバーのお二人が合流。風が強くて釣り難い・・・。

おや?Kelp Bass?200ftで釣れるとは。旨い魚だが、小さいのでリリース。
DSCF0228.jpg


Honeycomb Rockfish:リリース。これが釣れると大型の魚は釣れないので移動する。
DSCF0229.jpg


大型が期待できるエリアに移動し丹念に釣るが、アタリが無い。底の反応が良いエリアで、スピンチック(インチックにスピナベのブレードを付けた物)を泳がせると・・・。

Brown Rockfish:43cm。刺身も旨いが、清蒸鮮魚にすると最高なのだ。
DSCF0232.jpg

ダイバーさんが、新調した竿を貸してくれた。シマノのアメリカ版インチクロッドは、確かに竿先が柔らかく、乗りが良さそうだ。彼の目の前で、スピンチックを落下させると・・・。

着底と同時にヒット・・・。(ちょっと、気まずい)
Sand bass
DSCF0234.jpg
トルクのあるエー竿でした。

この後、一時の静寂を境に逆方向の風が猛烈に強くなり撤収となった。

01:40  |  Fishing  |  Trackbacks (0)  |  Comments (0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/62-aded0152

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |