2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.12.11 (Tue)

大谷君について思う

外国人力士のインタビューを見てどう思いますか?英語力の無さで苦しむ私にとって、彼等の流暢な日本語は素晴らしいの一言に尽きます。しかも、日本人ですら戸惑う封建的で厳しい世界に若くして飛び込み、努力を重ねて関取になった根性は尊敬に値します。彼等が「お相撲さん」として日本人から受け入れられるのは、日本の文化をしっかり身に付けているからであって、例えば取り組み後のインタビューに通訳を通して答えているようでは、いくら相撲が強くても真の関取とは見なされません。

「日本で実績を積んでからメジャーに行けばいい。」そう言って、大谷君の大きな夢を台無しにした日本ハムファイターズの行為に憤りを感じます。本人が大リーグ挑戦を表明しメジャーの球団もその実力を認めた逸材であるからこそアメリカ人の選手と同じように高校を卒業して直ぐに本場で下積みするチャンスがあったのです。若い内に渡米すれば野球だけでなくアメリカの文化をより多く吸収できます。それこそが真のメジャーリーガーに必要な要素であり、27歳で渡米した天才イチローを持ってしても決して埋める事のできないギャップなのではないでしょうか?

実現できるかどうか分からないこそ夢なんです。大の大人がよってたかって18歳の少年から勇気を奪い、彼の大きな夢をビジネスライクな計算で練り上げられた“計画”にすり変えた行為は実に傲慢であると私は考えます。

IMGP8279.jpg

とは言え、ガンバレ、大谷君!

12:45  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (10)

Comment

まったくですっ!!
そもそもドラフト制度に問題があるんでしょうね

院長 |  2012.12.11(火) 13:45 | URL |  【編集】

若者に現実を説明してより良い方向に導くのが大人の仕事であり、それをしたのが日ハム。
という意見も見ました。

しかし「本人のため」と言い続けて一生懸命になった人は、本当にそうなんでしょうか。

こないだ煙になってなくなった、どこかの政党を思い出しましたね。
チョッコー |  2012.12.11(火) 16:12 | URL |  【編集】

なるほど、そんな見方があるのですね。はっとしました。

僕は日本ハムのスカウト人はよくやったと思っていました。日本ハム陣営の人は、いい選手を採って、球団を強くして、収入を増やすって言うのが目的ですから。うまく説得したなあと思っています。

何が大谷選手にとって幸せなのかは誰にも分かりません。ただ、日本のような先進国で生まれた以上は努力すれば報われるのではないでしょうか。(その意味で日本社会はすばらしい)決断した以上は日本球界でも中途半端にせず、後悔しない野球人生を歩んでほしいものです。

ちょっと偉そうなご意見でした!
大阪球場 |  2012.12.11(火) 23:47 | URL |  【編集】

うーん、賛否両論ありますが、プロとしてやって行くにはこの選択が無難だと思います。
現地校で教育を受けて来たのなら高卒でマイナー契約して叩き上げるのも良いのですが・・・・
知り合いのお子さんもスカウトが見にくるくらい野球が上手いのですが、とりあえず大学へ進学して次の段階を考えているようです。
メジャー挑戦は日本でもっと選手としての資質を磨いてからでも十分間に合うと思うのは私だけだろうか?
Cimarron |  2012.12.11(火) 23:53 | URL |  【編集】

院長さん
ドラフト制度は問題ありですね。
と言って、妙案はそうそう簡単には見つかりそうもないですけどね・・・。
lce2 |  2012.12.12(水) 11:30 | URL |  【編集】

チョッコーさん
日ハムだけが独占できたという状況では本当にフェアな交渉ができたか疑問ですけどねぇ・・・。

一生懸命に説得したのは事実だと思いますけど、それが本人のためになったかどうかはやっぱり疑問ですねぇ・・・。

監督が変わったら指導方法も変わるでしょうから、どこかの政党と大差ないかも知れませんねぇ。
lce2 |  2012.12.12(水) 11:39 | URL |  【編集】

大阪球場さん
日ハムの担当者は会社の為に良くやったと思います。ポスティングで得た資金を還元させて良い選手を取って育成し再びメジャーに売るビジネスモデルは他の球団より洗練されていると思います。
でも、梨田監督の退任の時のゴタゴタとか菅野君の強行指名とか・・・。やり方がちょっとねぇ。

とにかく大谷君には頑張って欲しいですね。(中田翔にも頑張って欲しい!)
lce2 |  2012.12.12(水) 12:09 | URL |  【編集】

Cimarronさん
一流を目指す以上、無難な選択っていうのは無しでしょう・・・。本文中にも書きましたが、逸材であるからこそ10代でチャレンジするチャンスがあるのであって、本人が希望するなら挑戦させてあげても良かったんではないでしょうか。ひょっとしたら、野球以外にもアメリカでやりたい事があったのかも知れませんよ。(笑)
lce2 |  2012.12.12(水) 12:19 | URL |  【編集】

lce2さん

一流を目指すにはチャレンジ精神も大事ですが段取りも必要かと思います。
逸材なら大事に育ててMLBに送り込んでイチロー以上の大物になってもらいていです。
現実を考えらば、こちらのマイナーリーグはそれほど甘くないと思うのですが・・・・・
自分の子供と同世代なので、あー、考えが年寄りくさいですね。
Cimarron |  2012.12.12(水) 13:21 | URL |  【編集】

Cimarronさん
ま、野球選手が渡米する年齢が下がって来てる事は喜ばしい事です。
先ずは、田澤に頑張ってもらいましょう。
lce2 |  2012.12.12(水) 15:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/679-51b7bea7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |