2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.04.12 (Mon)

捕まえた!

写真が趣味の友人曰く、日の出や日没の前後のほんの数分が一番大切なのだそうだ。そして、そのベストなタイミングを逃さないように、事前に撮影ポイントを決め、カメラの設定を済ませ、その“時”を待つ。

似ている・・・。マズメが重要な魚釣りにそっくり。

虫取りにも同じ事が言える。樹液の出がとても良い樹を明るい内に見付けて置き、明け方にそのハニースポットに行くと、カブト虫やクワガタが群がっている。

時間もさることながら、これらには“捕まえる”という共通項があるように思う。私も一応、一眼を持っていて、国立公園に行った時などは、とにかく写真を撮りまくる。一人で日の出前にホテルを抜け出し写真を撮りに行く事もあるのだが、たまに良い写真を見付けると“捕ったぜ!”という気分になる。

下の素晴らしい写真は、正にその瞬間を“捕まえた”獲物ではないかと私は感じた。
ちなみに撮影者は腕の良い釣り人でもある。

DSC_5240S.jpg

DSC_8899S.jpg
By Cimarronさん

05:45  |  未分類  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)

Comment

なるほど、なるほど
写真撮影と釣は共通点が多いんですね。
言われてみればそうかも。

私の場合、鳥の飛行とかはあらかじめ観察して飛行経路を考えて待っていることもあいますね。
でも今回の蜂鳥と桜の画像は桜の花を撮っていたら偶然蜂鳥がファインダーの中にやってきて思わずシャッターを切ったというわけです。

そういう偶然な幸運が起きることも釣りに通じるのかも・・・・しれないですね。
Cimarron |  2010.04.12(月) 10:29 | URL |  【編集】

飛行経路を計算するのは、回遊の魚を待つケース、ハチドリのケースは、投げたら釣れたというケースでしょうか・・・。でも、どちらも的確に合わせる(シャッターを切る)ことが肝要ですよね!

しかし、こんな綺麗な写真を載せちゃうと、私のと差が歴然です・・・。
lce2 |  2010.04.12(月) 13:02 | URL |  【編集】

うわー,これはすばらしいタイミング,と同時に一瞬の出来事なのに,計算された構図ですね.この写真を撮った方,かたぎじゃないですね.カメラは,NikonのD300だし.
LiLA管理人 |  2010.04.12(月) 15:31 | URL |  【編集】

LiLAさん
お目が高い!表の顔は普通の人ですが、裏の顔はその筋の人です。
私のK100が5個も買えるような望遠を持っていますが、鳥撮りには車が買えるようなレンズが必要だと仰ってます・・・。
私も“鳥とり”にはうるさいですよ。鳥取生まれですから。
lce2 |  2010.04.13(火) 04:31 | URL |  【編集】

いやはや、みなさん、お褒め頂いて光栄です。
やくざな趣味の道にはまり込んでしまい、極道街道まっしぐらです。
いつになったら足を洗えるのか・・・・・・
今年もホームデポットセンターへの出入りが増えそうですフフフフフッ
Cimarron |  2010.04.13(火) 21:50 | URL |  【編集】

Cimarronさん
当分、洗えそうにありませんねぇ。
lce2 |  2010.04.14(水) 04:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lce2.blog41.fc2.com/tb.php/74-5a7bfa97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |