2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.03.07 (Mon)

窓枠から雨漏り

1月末の嵐がやって来た日は、風が強く横殴りの雨が降っていました。長女の部屋から出て来たKonaの顔を何気なく見ると、口の周りが濡れています。

何を食ったんだ?
怪しい・・・。

慌てて部屋に入ると、ポトポトいう音が聞こえます。


IMG_5802.jpg
おいおい、昨年入れ替えたばかりのサッシからもう雨漏りかよ!

ま、ロスは雨が少ないので急ぐ必要はありません。

で、このたび週末が雨の予報になったのでサッシを上からチェック。
IMG_5941.jpg
やっぱりね。隙間がバッチリ空いてます。

入れ替えをしてくれたHandyman Tomに頼んだってどうせやる事は同じ。
IMG_5943.jpg
面倒なのでDIY。(笑)

予報通り雨が降った次の日チェックしてみると水漏れ無し♪
IMG_5946.jpg
でも、窓枠が浮いてるようなので、定期的にチェックが必要です。

ブロッコリーのスナックを見付けました。
IMG_5938.jpg

枝豆スナックに青海苔を掛けたような味。
IMG_5939.jpg


地味に美味しいです。

11:54  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (2)

2016.02.29 (Mon)

丸型蛍光灯の恐怖

最近、それは確信に近付きつつありますが、アメリカの蛍光灯はよく壊れる!前に住んでいた借家もそうだったし、会社の蛍光灯も頻繁に点かなくなります。古くなると暗くなったり点滅したりするってのが僕が持ってた蛍光灯に対する印象です。しかし、こっちで経験するのは、蛍光灯はオッケーだけど点かない・・・。前回紹介したBallastっていう部品が壊れる訳です。(日本だとグローランプを交換すれば大概オッケー)

で、今回はキッチンのシンクの上にある丸型の蛍光灯。Ballastが寿命らしく点かなくなりました。週末に部品を交換するかと暢気に構えていたら、


ジジジジー


ババババー



嫌な予感がしたので速攻で見てみると・・・、
IMG_5884.jpg


こ、焦げとる!!!


IMG_5911.jpg
どうやら、内側の蛍光灯で導線が長期間圧迫されていたのが原因臭い。

前回はLowe'sで直ぐに見つかったBallastですが、丸型蛍光灯のBallastは時代遅れなのかHome Depotにもありません。ネットで何とか見つけて注文。

念の為、正常動作中の方もこの際交換。
IMG_5907.jpg

ところが、正常動作中の方の内側の蛍光灯の取付金具が固くて外れない・・・。実は、前々からこのバネ金具が大嫌いなんです。

意を決して外しに掛かると、


ボン!


目を開けると足元にはガラスの破片が散乱し、親指から出血。
IMG_5908.jpg
背中を丸めキッチン台の上から一歩も動けない哀れなオジサン一人・・・。

音に驚いたKonaが吠えまくる中、カミサンが駆けつけてくれて事無きを得ました。

IMG_5932.jpg


蛍光灯、大嫌い!

12:32  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2016.01.12 (Tue)

蛍光灯をばらすと?

キッチンの蛍光灯が点かなくなりました。前からたまに点かない事があったのですが、今回は完璧にアウト。蛍光管は新しいので恐らく本体が怪しい。ググって見るとどうやらBallastという部品が壊れてるっぽいです。

早速ばらすと?
IMG_5728.jpg
奥の黒い部品がBallast。(日本語だと安定器と言うそうです。)

爪で引っ掛かっていた鉄板がなかなか取れず一時は途方に暮れましたが
IMG_5736.jpg
漏れた液が接着剤になっていたようです。

苦労して外した部品ですが
IMG_5734.jpg
会社名も型番も見えない・・・。

何とかこそぎ取ってようやく判読可能になりました。
IMG_5735.jpg
が、会社も型番も今は存在しません。ネットで1時間調べてやっと同等品に辿り着きました。

電気は苦手なのでどのスペックを見れば良いのかサッパリわかりません。
IMG_5737.jpg
無事にLowe'sでゲット!技術の進歩で重量も大きさも随分と減っています。

ふぅ~。
IMG_5740.jpg


ブログネタの為に物が壊れてくれなくてもいいんですけどね。





13:52  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2015.12.08 (Tue)

下町ロケット面白いですね

下町ロケット。
理系オジサンのハートを鷲掴みです。

先日、帰宅してリビングでくつろいでいると玄関の方から「バンッ!ボワワワ〜ン」という鉄板を叩いたような大きな音がしました。恐る恐る室内と屋外を見回りましたが、何かを投げつけられた形跡も無し。ガレージの中に移動して何気なくシャッターの内側を調べていると

何だこりゃあ❗️
IMG_5418.jpg
(佃航平入ってます。)

思った通りだ。反対側の部品も金属疲労を起こしている!
IMG_5419.jpg
(佃航平入ってます。)


そうか、破断した時の衝撃でシャッターの金属板があの音を出したとすれば説明がつく!
(佃航平入ってます。)

参った。年の瀬の出費がかさむ時期にこれは痛い…。
(ここで大福を食うところだが、大福がない・・・。)


で、よくよく見るとネジ4本で付いてるだけ。ローラーも差し込んであるだけなので、何か直せそう♪

ほ~ら、簡単簡単!


しかし、見事な割れっぷりです。
IMG_5423.jpg

善は急げ!
IMG_5424.jpg
ホームセンターは、早朝から夜遅くまでやっているので有り難いです。

ローラー付きのヒンジは縦に3個が両側に付いているんですが、下から順に#1, 2, 3と異なる部品なので注意が必要です。
IMG_5425.jpg

修理屋に頼めば$200~300は取られそうですが、$20で修理完了♪
IMG_5426.jpg


ふぅ~。




13:34  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2015.12.01 (Tue)

感謝祭はDIY

毎年恒例のThanks - Jiggingは、代替の出廷場所が腰痛の私にはキツイので今年はパスしました。

と言うわけで、釣りの変わりにDIY。いよいよFascia Boardの取り付けです。

雨樋の会社のウェブサイトより拝借
Fascia-Soffit_diagram2_1_-423x311.jpg

我が家の庇はこんな感じです。
IMG_5392.jpg
雨樋も無く、実にチープ・・・。不動産価値を上げる為には、Fascia Board!

Konaと散歩している時によそ様の庇をチェックしていてわかったんですが、アッパークラスの家はRafterに2X6以上のしっかりした木材が使われていて、6インチ幅のFascia Boardがピッタリ止まっています。一方、我が家のRafterは華奢な2X4。

熟考の末、Rafter1本1本に2X6の板を取り付ける事にしました。
IMG_5390.jpg
DIYの時はインチの方がしっくり来ます。

Miter Sawが大活躍♪
IMG_5391.jpg

水平、垂直、平面という拠り所がないカオスな所に物を取り付ける場合、その基準をどこに取るのかは重要です。
IMG_5395.jpg
現物に合わせて調整しながらの作業は根気との勝負です。

さっきまで窓越しに観察してたのに、もう爆酔中 zzz...
IMG_5393.jpg

Rafterの長さが揃ってないしFascia Board自体が反っているので繋ぎ目が凸凹。
IMG_5407.jpg
後ろから木を当て段差を無くします。

塗装を含めて3日掛かりました。
IMG_5409.jpg
暫くやる気が起きない位、疲労困憊しました。

って、これで終わった訳ではないんです。反対側の庇がまだ・・・。




14:20  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2015.11.17 (Tue)

続・庇の修繕プロジェクト

前回の庇の修繕プロジェクト

そもそも、ハンディーマンTomがやってくれる筈の作業だったんですが、多忙を理由に放置状態。別件で電話が来た時に、自分でやるよと伝えると、その分、次の工事でまけてくれるらしい。ま、練習にもなるし一石二鳥と考えましょう♪

ついでに板の間にできた隙間もコーキングしたのですが、こんな大きな隙間は無理。
IMG_5172.jpg

調べてみると、Backer Rodというスポンジを発見!
IMG_5170.jpg
ちなみに、ベイカーロッドではなく、バカロッドと発音します。

こういう素人でもできるテクニックが満載のアメリカのDIY・・・。(笑)
IMG_5173.jpg

一応、プライマーの上から二度塗りしてみました。
IMG_5249.jpg

白だと粗が目立たなくて綺麗に見えますね。
IMG_5254.jpg


って、数ヶ月後にひび割れたりしないよな・・・。




14:19  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2015.11.03 (Tue)

ブラスとPVCのジョイントから水漏れ

スプリンクラー用の配管の継ぎ目から水漏れしているとカミサンに言われました。

ハンディーマンTomが配管したんですが、自分で直せるだろうと思い早速修理。
IMG_4957.jpg
が、次の日、「まだ漏れてるよ・・・。」と再びカミサンから報告。

うーん、やっぱブラスとPVCのコンビネーションがいけないのかな。

という事でネットでこんな物を発見♪
IMG_5058.jpg
ステンレスのネジは信頼感たっぷり!

が、このインサート成形タイプは樹脂の材料がPVCではなく“CPVC”の物しか売られていません。最初は気にも留めていませんでしたが、念の為調べてみると、CPVCはPVCより熱に強いのでお湯の配管に適しているのだそうです。実は我が家の水の配管は天井裏を通っているので晴天の日にはお湯になります。この高温の水が災いしてるのではないかと推察した訳です。全く異なる材質なので新たに専用の接着剤を買う必要がありますが、それ位ポーンと投資しますよ!

左の黄色い方がCPVC専用の接着剤です。
IMG_5061.jpg

ついでに、同じ3/4インチ径なのに何故かCPVCはPVCより細い事も勉強。
IMG_5064.jpg

完璧だぜ!!!
IMG_5065.jpg
開栓して水漏れをチェックするも秒殺で水漏れ・・・。

orz



更にリサーチを重ねるとテフロン入りのコンパウンドが良いという情報を発見♪
IMG_5149.jpg

塗り過ぎるなと言われてもついつい・・・。
IMG_5150.jpg
そして、再び開栓&過去最悪のダダ漏れ。

くそ~、やっぱ、このシャープなステンレスのネジがいけないんじゃないかと。問題は強度じゃなくてネジの結合部の隙間なのだ。

という事で、Home Depotのレビューに配管工の匠と豪語するオッサンが書いてた、ネジにテフロンテープを巻きその上からコンパウンド塗布するという超裏技を駆使して再挑戦!使ったのはCPVCの部品です。

水温が下がって一番漏れやすいと思われる朝にチェックしましたが水漏れ無し♪
IMG_5174.jpg

ふぅ~。試行錯誤に1ヶ月。
もう、水漏れしませんように。



14:31  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (8)

2015.10.19 (Mon)

庇の修繕プロジェクト

家を買った時に付いていた木製のパティオ・カバーは相当な年代物だったので庭の工事の時に取ってもらいました。費用の問題もあって、まだ新しいパティオ・カバーを付けてないのですが、その前に庇の修繕をやることにしました。

先ずは、残っている釘やコーキング剤を除去。
IMG_4956.jpg

Wood Fillerで穴埋めです。
IMG_4941.jpg

ペイント可能なので後で塗装します。
IMG_4962.jpg


むき出しになった屋根の板がみっともないので、Soffitと呼ばれる化粧板を取り付ける事にしました。
IIMG_4984.jpg


大量のネジをぶち込む必要があるので今更ながらインパクトドライバーも購入。
IMG_4963.jpg

Miter sawでは切れない長手方向の加工用に丸ノコもポチッ!
IMG_4987.jpg

さて、いよいよ作業に取り掛かり、切った板を取り付けようとすると・・・。
IMG_4995.jpg
なんだこりゃ!反対側から釘が出てる!!!

こっち側から叩いたら確実に雨漏りの原因になるので、1本1本に逃げ穴を開けるという気が遠くなる作業に突入。板を押し付けてできた釘の跡を目印に穴を空けて行くのですが、釘の出ている長さがバラバラなので何度もこの作業を繰り返す羽目に・・・。(釘が切れるニッパを買えばよかった)

短冊状の板は1箇所に付き3枚ずつ入れる必要があります。で、問題は最後の一枚。6インチ幅の板を長手方向にスライスしなければなりません。丸ノコの幅より狭い板をどうやってスライスするか・・・。(テーブル・ソーは高くて買えない)

散々考えて2X4材を使って上下でクランプして難題をクリア♪
IMG_4996.jpg

予想外の釘のせいで時間を浪費しましたが、何とか化粧板を付け終えました。
IMG_5004.jpg

次は、Fascia Boardを取り付けますが、いつになることやら・・・。



10:30  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2015.10.13 (Tue)

意外な展開のグランドカバー大作戦

発芽しても枯れてしまうIce Plant。
あの手この手で栽培を試みましたが全て失敗・・・。

業を煮やしてパレットで買ったタイムも殆ど枯れてしまいました。

きつい日光と暑さが原因ではと思い室内で育ててみましたが、モヤシ状の苗は直ぐに枯れます。それでは室内だけど日差しが確保できるSky Lightのあるバスルームは?

結果は同じ。
IMG_4811.jpg
やはり、春に種蒔きすべきなんでしょうか・・・。

で、バックヤードの斜面はというと・・・。

IMG_4733.jpg


雑草にカバーされてなかなかいい雰囲気になっとります。(爆)



13:22  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (4)

2015.09.09 (Wed)

日本で買ったカーテンをアメリカの家に

購入時、全ての窓にブラインドが残されていました。

幸い一部の窓にはゴージャスなタイプが。
IMG_4787.jpg
全部これにしてくれれば良かったのに!

殆どの窓に付けられているペラペラの帯のタイプはファッション性がゼロ・・・。カミサンの希望でそれらをカーテンに置き換える事になったのですが、アメリカのカーテンは種類豊富。様式も色々ありかなり勉強する必要がありました。しかも、現物を見ようにも近所の店にはロクな物がありません。

「あーあ、日本だったらもっと楽に選べるのに・・・。」

そうか!通販で買って日本に帰省した際に持ち帰えればいいのだ♪

とは言え、窓枠の規格が日米では全然違うし単位も異なる・・・。調べて見ると、丈は84"がアメリカのスタンダードっぽいと。でも幅はマチマチ。計ってみて判明したのですが、そもそも同じに見える窓の幅が実はバラバラだったりします・・・。

84"丈だと窓の高さより随分上に取り付ける事になるのですが、どうやら天井に近い所からカーテンを下げると見栄えが良いような気がします。結局、丈も幅も窓より大きく取ってカーテンのサイズを決定しました。

生地を決めて、ビックリカーテンでオーダー。
IMG_4719.jpg
サイズの決め方がわかり易く説明されています♪

カーテンロッドとリングはこっちで買っていよいよ取り付けです。

Before
IMG_4722.jpg

After
foodpic6388661.jpg

やっぱ、レースのカーテンは日本の物がいいですねぇ。
IMG_4775.jpg
カリフォルニアの強い日差しも柔らかくしてくれます。

日本のカーテンを付けたところで先輩に頂いた日本茶と羊羹で一服。
IMG_4762.jpg
美味しい!お茶の香りが口いっぱいに広がります。


満足満足。


12:49  |  DIY  |  Trackbacks (0)  |  Comments (6)
PREV  | HOME |  NEXT